同い年の元彼とは全く違うセックスや調教にマゾとしての快感や幸せを教えられました。後編

18歳差のカップルから届いたプレイ報告 ※本誌付録DVD収録 告白 詩子(PN)

二度目の偶然
ある日曜日の夕方、いつものように図書館での勉強を終え、寒くなったなあと肩をすぼめて歩き出した時のことです。
背後から走る足音が聞こえてきて、私は思わず道の端に寄って振り返りました。
「待って、待ってください!」
あれ、この人誰だっけ……見覚えがあるのだけれど……? 秋の夕暮れなのに額に汗を浮かべ、手には紙を持ったおじさんが一心に走ってきます。
「これ、コピー機に……忘れたでしょう?」
その声に、いつかの本を忘れた男性だと気がつきました。
「ごめんなさい、走ったから紙が折れてしまった」
受け取った紙は資格試験の受験票で、私はコピーを取ったまま原稿台に忘れてきてしまったのでした。本名に住所、メールアドレス、携帯番号、生年月日――個人情報満載の重要な書類です。
悪意ある人に拾われたら大変でした。
「わざわざ届けてくださって、ありがとうございます……何てお礼を言ったらいいか……」
「よかったです、あなたの顔を覚えていたから。先日はありがとうございました」
本を届けてあげた相手から、こんどは私が受験票を届けてもらったのです。

こんな偶然ってあるんだ、とおもしろくなって、駅まで話しながら歩きました。
資格試験や本のこと……何のしがらみもない間柄なので自由に話ができて、気がついたら駅でした。職場の男性ともちがう、学生時代の彼氏ともちがう、偶然知り合った同士の気安さで会話がはずみ、もう少し話したいなと思いました。
この日から、何となく図書館で落ち合い、いっしょに夕飯を食べて帰るようになったのです。ビビビの人――佐々木さんを男性として意識したのは資格試験の日のことでした。

※この続きは、『マニア倶楽部2020年9月号』をご覧ください。

マニア倶楽部2020年9月号
(2020年07月27日)
三和出版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?