縄に取り憑かれた私と緊縛に憧れるさとみが初めて緊縛プレイをした日 前編

緊縛M女子大生を縛った緊縛初心者男の告白  ※本誌付録DVD収録 告白 哲三(仮名)

私は、マニア倶楽部の皆さまのような緊縛熟練者ではありません。今回投稿させていただきました写真を見ればおわかりのように、技術レベルはまだまだ発展途上にあり、皆さまにとっては、お見苦しいものかと思います。しかしながら、SMや緊縛への思いは浅からぬものがあります。
私は、思春期の頃からSMや緊縛に強い興味を抱いてきました。それこそ濡木痴夢男氏にはじまり、志摩紫光氏、雪村春樹氏などは、私にとって永遠のアイドルでした。中高生の頃はそのような緊縛絵画や写真を集めては秘密のスクラップブックにしていたものです。しかし、この密やかな趣味を共有できる友人など、東北の片田舎にいるはずもなく、寂しい思いをしてきたものです。いつかはこの手で、女性を緊縛し、縄酔させてみたい。そんな男の中の男になってみたいとずっと思いを馳せてきました。

あの時代に比べれば、今はとてもいい時代になりました。見つけることさえ困難だった緊縛写真集は、ネットですぐに手に入るようになり、SNSを利用すれば、同じ趣味の人間と繋がることもできる。かつては悶々と妄想することしかできませんでしたが、今ではSNSを通じていくつかのコミュニティに属して、さまざまなイベントなどで同じ嗜好をもつ仲間と出会うこともできます。普段、それほど行動的でもない私が、家にいながら仲間とSM談義に花を咲かせることができるのですから、感慨深いものがあります。
そんななか、あるコミュニティを通じて「縄会」イベントに誘われました。聞けば、とある歓楽街の一角にあるフェティッシュバーで開催されるとのことでした。そのバーはいわゆる大人の社交場で、ゲイナイトやレズナイト、女装ナイト、はたまたスーツネクタイナイトなど、性的マイノリティのためのイベントが目白押しで開催されていたのです。なかでも「縄会」は月一度の恒例イベントで毎回大盛況と聞き、私はにわかに色めき立ちました。
私は、日々SNSなどを通じて老若男女を問わず、同じ性的嗜好をもつ方々と交流してきましたが、そのなかでひとつの確信めいた考えが浮かんでいたからです。それは、気高く美しく、恥じらいと享楽のなかで、気持ちよくなりたいと考える女性が増えているのではないかということ。実際に「縄会」に参加するようになり、若く美しい女子大生やOLさんが存外に多いことに驚きました。世の女性たちがSMや緊縛の魅力にようやく気づき始めたのかもしれない。

※この続きは、「マニア倶楽部202001月号」をご覧ください。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?