「私を奴隷にしてください」という4年越しのお願いを叶えて頂くことができました。前編

憧れの男性の奴隷になった女子大生の告白  ※本誌付録DVD収録   告白 一条由香(仮名)

私は二十五年以上、貴誌を愛読している者です。初めて投稿させて頂きました。他の皆様のような淫靡な写真ではなく、つたない写真ですが、よろしければ採用のほどお願いいたします。私の奴隷――由香も喜ぶと思います。
手記の方は、由香が自ら書きたいと申し出てきたものです。由香と私が主従となったきっかけには、貴誌の存在がありました。

おじ様の図書室
今、私はこの告白の手紙を、おじ様の書斎で書いています。かつて『おじ様の図書室』と呼んでいた、私がいつも放課後を過ごしていた部屋で、この四年間に思ったことをすべて書こうと思います。
同年代の少年ではなく、大人の男性にあこがれの気持ちを抱いたのは十六歳のときでした。人より早熟だったというわけではありません。尊敬できる魅力的な大人の男性が身近にいたからです。
休み時間、クラスメートがアイドルの話題で盛り上がり、キャーキャーと歓声をあげているときに、私はキスすらしたことのないその人のことを考えては、体を熱くしていました。
中高一貫の女子校ですから、休み時間などはとてもにぎやかです。担任もOGが多いためクラスも家庭的で、クラスメートというより姉妹に近い感じでした。
男性には驚きかも知れませんが、生理用品などもあけすけに貸し借りしますし、誰かが他校の男子生徒に言い寄られたりすると、みんなでこっそりついていって、告白の現場を見守ったりもしました。
男の先生を好きになってしまうのも日常茶飯事です。女子校育ちの私たちは男の子に対して変なプライドがあり、学園祭などでナンパされても簡単には付き合おうとしませんでした。
そのくせ、実は奥手で男の子を誘うことができず、カラオケに行くのもスキーに行くのも女だけです。好きです、付き合ってくださいと告白するとしたら、その相手は誰かのお兄さんか先生でした。
もちろん私も友人たちから、「由香の好きな人、だれ?」「写メ見せてよ」とたびたび聞かれましたが、いつも「今はいない」と言い続けていました。

※この続きは、「マニア倶楽部202001月号」をご覧ください。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?