肛門を弄られる恥辱に涙を流した女が今では変態快楽の奴隷です。前編

ノーマルだった女教師を奴隷にした男性の告白 告白 伊達匠(仮名)

女教師の尻穴
不惑の年を迎えたS男です。
長年、いろいろな女性を奴隷として飼ってきた私ですが、今ほどマニアに生まれてよかったと思えた時期はありません。
今回ご紹介する隷奈は、私にそう思わせるほどマゾ女としてとびきりの逸材だったのです。
隷奈は教師です。あまり詳しくは書けませんが、私立高校で古文を教えています。ご覧の通りなかなかの美形なので、生徒からの人気も高いようです。
そんな男子生徒の憧れが、私の前でだけはこのような痴態を晒して、悶え、苦しみ、そして快感を覚えているわけですから面白いものです。
私の職業はフリーのシステムエンジニアです。そんな学校や教育とは無縁な私が女教師と知り合ったのには訳があります。
隷奈を私に紹介してくれたのは、私の昔の奴隷なのです。

その奴隷に私は「犬美」という名をつけていました。私だけの愛犬という意味です。
犬美は根っからのマゾであり緊縛好きな女でした。
幼い頃からマンガやアニメの中で女性キャラが体を縛られる場面を見てはオナニーをくり返し、私というご主人様に出会う前も、自分で自分の体を麻縄で縛ったりしていたマニアです。
そんなマゾ体質ですから、私の調教にも最初からかなり大きな反応を示しました。乳首をつねれば喘ぎ、体を縛った縄をきつく締め上げれば「もっと強くして!」と叫びました。
私もそんな打てば響くような犬美の反応を愉しんでいたことは確かです。でも奴隷がこちらの期待通りの反応を示すことに私はちょっと飽きていたのかも知れません。
とはいえ痛みや恥辱に快感を示さない女を必死になって調教するのも、甲斐がありません。
これまでに調教した奴隷の中には犬美のような天性のマゾではない女性もいました。しかしそのような女性はいつまで経っても調教に耐性がつかず、結局離れていってしまうのです。


そんな犬美が自分の知り合いに面白い娘がいると言って紹介したのが、隷奈でした。
「その娘、これまでまったくノーマルなセックスしかしたことがないんだって」
犬美にそう聞かされ、私はこう答えました。
「そんな女を俺に紹介してどうするんだ? 責めに反応しないような女、俺はいやだぜ」
しかし犬美は意味深な表情になって、こう返したのです。
「私、自分がMだからわかる気がするの。この娘、自分で自分を真面目でノーマルな女だと思い込んでいるけど、本性は相当なマゾだなって……」
私は少し興味が湧きました。
マゾにしかわからない、同族を嗅ぎ分ける嗅覚のようなものが、もしかしたらあるのかも知れない。そう思ったのです。

そして、犬美の紹介で隷美は私に出会うことになりました。
私はまともな身なり、まともな喋り方で、自分がサディストであるとはおくびにも出さずに紳士的に振る舞いました。
隷奈もそんな私に好意を持ってくれて、何度か「まともな」デートを重ねた後に、とうとう私とベッドインすることになりました。私はそこで初めて自分の本性を隷美に見せたのです。
愛を確かめ合うディープキスに、優しい愛撫。うっとりと私のペニスにヴァギナを貫かれた隷奈の悩まし気な顔が一変したのは、私が彼女の肛門に指を突き立てたときでした。
「あの……そこは……!」

※この続きは、「マニア倶楽部202001月号」をご覧ください。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?