高嶺の花だった社長令嬢は、清楚な外見に似合わず凌辱を望むマゾヒストでした。前編

取引先の令嬢を奴隷にした男性の告白 ※DVD収録 告白 小百合 (PN

社長令嬢で妄想自慰
長年欠かさず愛読してきた憧れの雑誌に、初めて投稿させていただきます。
思春期以来、私はSM好きの男性ではありましたが、これまではただ妄想の中だけでプレイをし続けてきました。
実際に自分の奴隷を持ち、自分好みに調教していく機会には恵まれなかったのです。
女性と付き合ったことはあります。しかし自分の性癖を言い出すことは出来ず、ただ性行為をするだけの関係でした。そのような関係では自分も満足しないので、長続きしないのです。
でも、相手に異常な人間だと思われるのが怖くて、どうしても自分からは性癖を打ち明けられませんでした。
だから、今回のような偶然の幸運に恵まれなければ、自分が現実のSMを経験することは生涯無かったかも知れません。


そしてそれは、私のかわいい奴隷である小百合も同じです。
何せ、小百合はお嬢様中のお嬢様……某企業の社長の箱入り娘なのですから。
小百合は――その頃はまだ「小百合さん」と呼んでいましたが――私の勤めている会社の取引先の社長のひとり娘です。
私が勤めているような中小企業にとっては、大口の取引先は神様も同然です。
仕事に直接関係のない細かい雑務でも、言い渡されれば謹んで承らなければなりません。
そのような会社同士のお付き合いの中で、自然に小百合さんの存在を知りました。
小百合さんのことは、常々美しい女性だと思っていました。
スタイルもスラリとしたモデル体型で、目鼻立ちもスッキリとしていて、いつも笑顔で。
美人だけれど鼻に掛けた感じもなく、服やバッグもブランドものを身につけたりはせず庶民的です。
誰にも気さくに話しかけ、私のような平社員にも丁寧に対応してくれました。
はっきり言って、私は小百合さんに好意を抱いていました。
脳内で密かに小百合さんの体を縛ったり、オモチャで性器責めしたり……そんな妄想でオナニーをしたことも、一度や二度ではありません。
でももちろん、現実に自分がどうこうできる女性だとは、夢にも思っていませんでした。
私にとっては高嶺の花だったのです。しかしそんな清純な女性である小百合さんが持つ心の闇を、私はある偶然のきっかけで知ってしまったのです。

後編に続く

告白の完全版は「マニア倶楽部201911月号」をご覧ください。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?