悪魔のような先生の辛く恥ずかしい命令に家族を裏切りながら、従い続けています。前編

娘の担任の奴隷となった人妻の告白 ※DVD収録 告白 あな美(仮名)

異常愛に堕ちた不貞妻

私はこの世で最も軽蔑すべき女です。世界一駄目な妻であり母親なのです。
私には、私の事を大切に思い愛してくれる夫がいます。そしてお腹を痛めて産んだ中学生の可愛い娘と、小学校に通う明るく元気な息子がいます。
ほんの数か月前は、私自身もそんな家族に見合う、模範的な母親であり妻であったと思います。でも今は違います。
私は奴隷なのです。それも正真正銘の奴隷です。何せ「私は奴隷です」という契約書まで交わしてしまったのですから。
その契約書を交わしたご主人様のことを、私は「先生」と呼んでいます。これは比喩表現などではなく、ご主人様は実際に学校の先生――娘の通う中学校の担任の先生なのです。
正直に告白します。初めて先生を見た時から、私の心には恋心が芽生えていました。
しかしもちろん、自分の感情を表に出すようなことはありませんでした。順風満帆な自分の家庭を壊すつもりなんて毛頭ありませんでしたし、一年過ぎて担任の先生が替われば、この気持ちも自然に消滅していくものと思ったからです。
しかし、先生に惹かれていく自分の気持ちは日に日に募っていきました。

実は、私には夫以外の男性経験がありませんでした。
ちゃんとした恋愛を経験する前に、夫と結婚したのです。
長年の夫婦生活の中で夫に愛情を持つようにはなっていましたが、燃えるような恋心を抱いたのは、先生が初めてでした。
私は娘の成績や進路のことなど、理由をつけては先生に会いに行くようになりました。
私のそのような気持ちは隠し切れるものではなかったのでしょう。先生も私の気持ちに気づいてくれたのです。


ほどなくして、二人きりになったとき、先生の方も私を求めてくるようになりました。
うれしかったけれど私は拒否しました。愛する夫と子供たちを裏切る訳にはいかない。
そう思ったからです。
けれど先生は強引でした。
「あなたとなら、教師の職を手放すことになっても構わない」
先生のその言葉が最後の一押しになって、私は先生と最後の一線を超えてしまいました。
わざわざ離れた街で落ち合って、ホテルに入りました。
真に愛する人とのセックスは、私にそれまで経験したことのない快感を与えてくれました。
しかし行為の最後に、当時の私にとっては考えられないほど衝撃的なことが起こりました。

※この続きは、「マニア倶楽部2019年5月号」をご覧ください。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?