図書館のトイレで目撃した真琴の自慰が、私の人生を変えてしまったのです 前編

 女子大生に快楽責めを繰り返す男性からの投稿 ※1月号付録DVD収録 告白/更科(仮名)

地味な文学少女

 第一印象とは異なるキャラクターを持った人間、というのは珍しくないのかも知れません。
しかし私個人に関して言えばこの真琴――写真で痴態を晒している私の奴隷――ほど、第一印象とその内に秘めた本性に乖離があった女に出会ったことはないでしょう。
 私は四十代の既婚男性です。
 私は大学の文学部を博士課程まで進みましたが思う所ありその道を断念しました。
 紆余曲折を経て図書館の司書の資格を取り、図書館で働いています。
 真琴は、その図書館のバイトに来ている女子大生です。
 彼女がバイトの求人に応募してきた際には私が面接を担当しました。そのときの第一印象はとにかく地味で、ボーイッシュな女性というイメージでした。

 ボーイッシュと言えば聞こえは良いですが、本音を言えば性をまったく連想させない、魅力のない女の子というのが本当の所でした。とにかく女性らしさを感じさせないのです。
 化粧っ気もなく、服もゆるやかな体の線を感じさせないものでした。しかし度の強い眼鏡をかけてぼそぼそと聞き取れないような小声で喋るその姿に、元文学青年の私は親近感のようなものを抱きもしたのです。


 図書館で働くには、最低限の本の知識も必要です。面接の時に、私は彼女にどのような分野の文学が好きか訊ねました。
「……南米文学が、好きです」
小声で真琴は答えました。
 意外な返答であり、この言葉にも私は好感を持ちました。
 私自身も、南米文学を長い間愛読しているのです。
 南米文学のどのような点が好きなのか聞いてみると、彼女のこの分野に対する愛情が付け焼刃でないことがわかりました。
 通り一遍の知識ではない、南米文学の本質をつかんだ言葉が真琴の口からたくさん出てきたのです。それまでの無口さが嘘のように、まるで水を得た魚の如く、真琴は喋り続けました。
 中でも私が特に印象に残ったのは、この一言でした。
「南米文学の持つ濃密さ……エロティシズムも死も同時に感じさせる濃密さが、好きです」
 エロティシズムとはほど遠い容姿の女性の口から発せられたエロティシズムという言葉に、私はドキッとさせられました。
 この女性の、底の見えなさを垣間見た気がしたのです。
 そして私のこの予感はある意味で当たっていました。これが私と奴隷真琴との、運命の出会いだったのです。

※この続きは、「マニア倶楽部2019年1月号」をご覧ください。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?