キスさえ知らないまま、生まれて初めて男性から触られた部分……肛門でアクメしました。前編

処女のまま五年間家畜調教されている司書の告白 ※本誌付録DVD収録 告白◎響子(PN)

マニア倶楽部2021年5月号の特集は、「交際欄から始まったSM愛」と題して、本誌交際欄コーナーで出会った恋人たちの手記を掲載しております。
※2015年11月号交際欄掲載

(前略)

ご主人様との出会いは私が五年前に貴誌の交際欄に投稿したことがきっかけでした。
私がマニア倶楽部を知ったのは、大学を卒業して司書になってからでした。国立ほどではありませんが、閉架書庫の資料や国内外の雑誌もたくさんある県立の図書館です。
ある日、よく見かける中年の男性が資料を探してほしいと言ってきました。カウンターには私一人でした。何冊かの資料名を言われ、私が検索機で探しました。その中に「雑誌:マニア倶楽部」があったのですが、図書館にはありません。
男性は用が済むと立ち去りましたが、私は気になってインターネットでマニア倶楽部を探したのです。十八禁のアラートが出ましたが、なぜかそのままクリックしていました。もしかしたら私の知りたい何かに繋がっているかも知れない、という予感がしたからです。

予感は的中しました。中学の頃から、囚われのお姫様の話や時代小説の刑罰の話などに妙にドキドキする子供でした。陰惨な話なのに、何とも言えない興奮を覚えて心惹かれるのはなぜなんだろうと思っていたのは、SMという性癖だったのかと理解したのです。
男性に対して苦手意識があり、断り切れず交際を申し込まれても長続きせず、
「どうして別れたいの? 理由を言って」
と言われてもどう説明したらいいか、言葉が見つかりません。相手も困惑し、私もいつも苦しい気持ちになり、自分は欠陥人間なのだと絶望しかけていました。それがMCを読んで、ああ、そういうことだったのかと。私には男性の妻や恋人になりたい気持ちがなかったのだ、と腑に落ちたのです。

※この続きは、『マニア倶楽部2021年5月号』をご覧ください。

マニア倶楽部2021年5月号
(2021年03月27日)
三和出版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?