想像さえしなかった変態行為を強いられながら、幸福さえ感じてしまう自分が恐いです。前編

変態奴隷に堕ちたお嬢様保育士の告白 ※本誌付録DVD収録 告白 愛莉(PN)

編集部の皆様、初めまして愛莉と申します。私たちの投稿を採用して頂きありがとうございました。今回、ご主人様のご命令で、私の性癖について書かせて頂きました。下手な文章と思いますが、よろしければ採用のほどお願いいたします。

性の目覚め
私の性の目覚めは早く、小学校の1~2年生の頃でした。実際の体験はもう少し早く、小学校に上がる前だったと思います。
ショーツの上から下腹部をグリグリといじることが癖になっていたという記憶があります。そしてそれを母に注意され、しないようにすることを約束した記憶があるのです。古い記憶なので、実際にその約束があったかどうかは正直定かではありません(今更、母に確認することもできないので、真相は藪の中です)。
約束をしたはずなのに、私はその行為を止めることはできませんでした。

小学校1~2年生のときには、ショーツの上から下腹部をいじるというその自慰行為を、『してはならないこと』として認識していました。絶対に自分だけの秘密にしなければならないと思いながら、私は誰にも知られないように自慰行為をしていました。
私は両親のことが大好きで、言い付けを不満に思うことなどこの自慰行為の禁止以外には何もありませんでした。だからこそ唯一、両親(特に母)に秘密しなければならないこの行為はとても重い『いけないこと』ととらえていました。
私が初めて持った罪悪感と性の芽生えは分かちがたく結びついていたのです。
私がセックスの存在を知ったのは小学校の3年生の頃です。
性教育の授業が小学校4年生だったのですが、その前から男女の性行為や体の変化の違いなどの知識を持っていました。子供向けの第二次性徴を説明した本などを読んでいたり、近くに住んでいた年上のいとこの影響も大きかったと思います。
友達や同級生の間では、それらの知識を知っていること自体が『エロい』という認識があり、私は知識があることを友達や両親に隠していました。
自分が優等生で学級委員などもしており、大人や友達からの信用を得ているという自覚があったので、友達などに『エロい』と思われることを恐れていたのです。
今、思えば実際に私は同級生に比べ、早熟で『エロ』かったのだと思います。
私の自慰行為はすでに寝る前の日課のようになっていました。
そして頭の中では裸になった自分があちこち触られることを想像していたのです。
布団中でパジャマに手を入れて、まだ少ししか膨らんでいない乳房を直接触ったりもしていました。ときには布団の中でパジャマもショーツも脱いで、全裸になり、さまざまな空想をしながら自分の体をまさぐったりしました。

※この続きは、『マニア倶楽部2020年11月号』をご覧ください。

マニア倶楽部2020年11月号
(2020年09月26日)
三和出版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?