初めての夜、「何でも私の言う通りにできる?」と夫に問われた時、被虐の性欲が目覚めました。前編

所有物になるためにSM婚をした奴隷妻の投稿 ※本誌付録DVD収録 告白 ゆう子(PN)

夫の前で犯されて
私は30歳の地方公務員で、福祉関係のケースワーカーをしています。夫も公務員で45歳、年の差婚ではありますが、どこにでもいる結婚二年目の平凡な夫婦です。私たちはSMで結びついた関係ですが、それは世間に知られてはならないことです。恋愛して結婚した、ごく普通の夫婦に見えるように、いつも気をつけています。
常にご主人様と呼びたいのですが、他人の目がある場所では我慢しなければなりません。また、家ではセックスもプレイもしません。夫婦であってもいつもホテルを使います。
住まいは昔に建てられた公務員住宅で壁が薄く、物音が聞こえやすいし、顔見知りの職員も居住しているのです。私たちが愛し合う時間はロウソクやバイブも使うし、お許しを乞うても責めが終わらず、泣き叫んでしまうこともあるため、社宅では絶対にできません。
先日のことです。いつものように別々に車で社宅を出て、夫と他県のラブホテルで合流しました。部屋に足を踏み入れた瞬間、夫と見知らぬ男性の会話する声が聞こえてきて、私は凍りつきました。
「来た来た。妻で性奴隷のゆう子を紹介します」

身を固くして動けないでいる私をよく見ようとするように、二人の男性が立ち上がりました。どこで何をしている人で、夫とはどういう知り合いなのか、私はまったく知らされていませんでした。驚いて声もでないまま、お辞儀した私に夫が言いました。
「お二人に来てもらったのは、お前のマゾ奴隷としての仕上がりを査定してもらうというか、楽しんでもらおうと思ってね。私に仕えるように、心をこめておもてなししなさい」
「おもてなし……を?」
「難しく考えなくてもいい。お二人は寝盗りプレイに慣れていらっしゃるから、ゆう子は何も考えないで、黙って従っていなさい」

※この続きは、『マニア倶楽部2020年11月号』をご覧ください。

マニア倶楽部2020年11月号
(2020年09月26日)
三和出版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?