ペニスを挿入してもらった妹を見ていると、自分に入れられているように感じました。後編

妹と共に恋人の奴隷となったOLの告白 ※本誌付録DVD収録 告白 麗香&優香(仮名)

罰を見られて
妹とはお互いの彼氏の話もしていましたが、SMのことだけは言えずにいました。優香に余計な心配をかけるようなことは話さないつもりでした。それなのに、私はある時、優香に秘密を知られてしまったのです。
身も心もご主人様の所有物である証として、私はご主人様に命令されたときだけオナニーをしてもいいことになっていました。でも、ご主人様が出張で長いこと逢えず、
「ご主人様、まだ逢えないのがつらいです。私にオナニーをさせてください」
と、自分から要求してしまったのです。一瞬の間があって、ご主人様は言いました。
「いいよ、オナニーをしなさい。でも、自分から求めるのは約束違反だ。規則を破った罰としてのオナニーをしてもらうよ」
「はい、ご主人様……」
声はやさしく、私の反応を楽しんでいるようにも聞こえましたが、課せられたのは厳しい罰でした。

まず私は、ご主人様の言いなりに服と下着を脱ぎ、奴隷のしるしとしていただいた首輪だけをつけました。それからご主人様は、驚くようなことを命じたのです。
「静かにベランダに出て……そこでオナニーをしなさい」
耳を疑いました。うちはマンションの五階で、ベランダはフェンスが高く、路上から見えるようなことはありません。でも、全裸でベランダに出るなんて正気ではないし、隣りの部屋には優香が寝ています。
「できません、ご主人様……ごめんなさい、できません」
「そうか。わかった。では電話を切るよ、おやすみ」
「待ってください!」
電話を切ると言われた瞬間に、私ははじかれたように立ち上がり、ベランダの引き戸を開けていました。夜の風が乳首と股間をなでて、肌寒さと緊張で鳥肌が立ちました。
「いい子だ、麗香」
その言葉だけで体の芯がとろけだすようでした。ご主人様の声に指示されるままに、乳首を爪先できつくつまみ、人差し指と中指をご主人様のペニスのつもりでなめてから、ゆっくり膣の中に挿し入れました。
ゆっくり沈ませたつもりが、音を立てて滑るように入ってしまいました。命令で裸になっただけで、私はびしょ濡れに濡れていたのです。
「私のペニスのつもりで出し入れしなさい……速く、激しく」
ベランダの壁にもたれ、腰を思いきり前に突き出すと、指の角度が変わり、自分の膣がきゅうっと指にからみついてくるのを感じました。そのまま動かし続けていると、締めつけはどんどん強くなり、背骨の腰から頭のほうへ熱いかたまりが駆け上がってきました。
「ご主人様ぁ……ごめんなさいっ……ごめんなさい……!」
声を殺したつもりでしたが、猫が鳴くような声が漏れてしまいました。左手で首輪をつかみ、右手は膣の中に入れたまま、ザラザラした壁に背中を押し付けて私はいきました。これまでに経験したことのない深くて長いオーガズムでした。しばらく壁にもたれたまま、ぼんやり前を見ていると、妹の部屋の窓のカーテンがサッと閉まるのが目に飛びこんできたのです。
(優香ちゃんに見られてしまった……!)
取り返しのつかない失敗に気づいたのに、深い快感に痺れたようになっていて、私は動くことすらできませんでした。

※この続きは、『マニア倶楽部2020年7月号』をご覧ください。

マニア倶楽部2020年7月号
(2020年05月27日)
三和出版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?