ペニスを挿入してもらった妹を見ていると、自分に入れられているように感じました。前編

妹と共に恋人の奴隷となったOLの告白 ※本誌付録DVD収録 告白 麗香&優香(仮名)

特殊な愛し方
私と優香はとても仲のよい姉妹です。登校するのも遊ぶのも、美容院に行くのもいつも一緒。物心ついてから喧嘩した記憶もありません。
私が地元の調理学校から東京のホテルのレストランに就職すると、優香は、
「東京でお姉ちゃんと住む」
と言い出し、東京の大学に進学して姉妹二人の生活がはじまりました。
優香は大学で同じクラスの男の子と付き合うようになり、私はレストランにいつも来るお客様と交際していました――この写真を撮ってくれた西岡さんという方です。
西岡さんは常に冷静にリードしてくれる感じで、そこが同年代の男の子にはない魅力でした。それは私より十七歳も年上だからだと思っていましたが、体が結ばれてから、それだけではなかったのだと知りました。
三回目にホテルに行った日、
「僕は愛し方が特殊だから、麗香がついていけないと思ったら無理をしないでほしい。無理をすればお互いに傷つくからね」
と言われ縄と首輪、そしてバイブなどを見せられたのです。BLやコミックの中にしか存在しなかったSMが、現実として自分の前に現れた瞬間でした。

手にとると、マンガで想像していたものとはちがい、バイブは重たく、縄はチクチクしました。その重さと感触が、そのままSMという行為の厳しさのように感じられ、驚きました。
この人は、私の知らない世界に、私を強引にさらって行く人なのだ――。
気がつくと私は西岡さんに抱きついて泣いていました。西岡さんは私を抱きしめ、髪をなでながら私の耳に口をつけて、
「怖がらせてごめんね、今日からは麗香のことを、彼女ではなく奴隷と呼びたい。いいね?」
と言いました。SMという知らない世界は怖いけれど、西岡さんがその世界に行くことを望むなら、私も知りたい……そう思って私はうなずきました。

※この続きは、『マニア倶楽部2020年7月号』をご覧ください。

マニア倶楽部2020年7月号
(2020年05月27日)
三和出版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?