月に一度、憧れの結衣さんの膝の上の厳しいお仕置きで反省させられています。前編

お尻叩きマニアのレズカップルの投稿 ※本誌付録DVD収録 告白 結衣&雪子(仮名)

【編集部より】
おしおきマニアの女性たちが設立したという、女の子だけのおしおきサークル様から投稿がありました。
お尻を叩かれている女性が雪子さん(PN)、お尻を叩いてる女性が結衣さん(PN)です。
お二人はこのおしおきサークルで出会い、現在はパートナーとして月一回『反省日』と称して、一ヶ月分のわるいことを反省するためのおしおきを、先生と生徒などのロールプレイを交えつつ行っているそうです。
それとは別にサークルの集まりがあり、おしおきの相互鑑賞会なども行っているとのことです。

雪子さんの告白
サークルに入会したとき、
「打たれるのが好きなの?」
と、皆さんに聞かれて言葉につまってしまいました。私にとってお仕置きとは恐ろしく恥ずかしいもので、好きと言っていいのかわからなかったのです。
うちの両親は共働きで、私は祖母に育てられました。祖母はしつけに厳しく、お行儀が悪いと手の甲をピシャリと叩かれることがよくありました。
今でも覚えているのは、小学校五年のとき、仲よしのミーちゃんの家で遊んでいた日のことです。私たちは戦隊ヒロインもののフィギュアが好きで、お人形さんごっこをして遊んでいました。友だちは私が持っていなかった新しいフィギュアを貸してくれました。ところが私は、遊んでいるうちにどうしてもそのフィギュアがほしくなり、悪いことと知りながら自分のバッグに入れてしまったのです。

家に帰るとさすがに罪悪感がこみ上げてきて、フィギュアは明日返しに行こう、まちがってバッグに入っていたと言おう、と言いわけまで考えました。
ところが、お風呂から出ると、怖い顔の祖母がフィギュアを持って待ちかまえていたのです。
「お友だちのものを持ち帰るなんて雪子は泥棒になったの?」
と言われ、とっさに嘘が口から飛び出しました。
「ちがうよ、ミーちゃんにもらったんだもん!」
「嘘おっしゃい! 人様から頂き物をしたときは、必ずおばあちゃんに言いなさいと言ってるでしょう? これは雪子が勝手に持ち帰ったものね? おばあちゃんにはわかるのよ?」
もうダメだ、と思いました。
祖母は嘘や言いわけは絶対に許さない人なのです。
正座して祖母に見つめられると、それだけで涙が出てきて、泣きながらありのままを話しました。もうしません、ごめんなさい……と言ったものの、祖母の険しい表情は変わりません。
「おうちの中だけのことなら、許します。でも、よそのおうちの人に迷惑をかけたのだから、反省しなくちゃいけません」
突然、祖母はすごい力で私の腕をつかみ、膝の上に伏せさせました。何がはじまったのかわからずにいる間に、パジャマとパンツを下ろされ、平手でお尻をぶたれたのです。
思わず痛いと叫びましたが、
「我慢しなさい! 悪いことをしたのは自分でしょう!」
と叱られ、さらに強い力で叩かれました。弁解のことばは心の中でバラバラになり、飛び散ってしまったようでした。
謝ってもだめだ、耐えるしかない……。十発までこらえたとき音がやみ、これで終わりかと思いましたが、祖母はだまってスリッパを脱ぎ、今度はスリッパで打ちました。革製のスリッパはよくしなって高い音を立て、突き刺さるような痛さにお尻は熱くはれあがりました。

※この続きは、『マニア倶楽部2020年5月号』をご覧ください。

マニア倶楽部2020年5月号
(2020年03月27日)
三和出版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?