私は、元教え子のご主人様のためなら誰にでも二穴を開く公衆便所になれるのです。後編

アナルマゾ夫人から届いた最新告白 ※本誌付録DVD収録 告白 節子(仮名)

こんな年齢になって恥ずかしいことですが、どうやら私の性欲は、以前にも増して強くなっているようなのです。
毎日したい、毎日、昼も夜も卓也君に愛されたい。
濃厚なキスをして体を奥の奥までまさぐられたい。
そして永遠に、ひとつになって、繋がっていたい。
そんなことばかり考えてしまうのです。
あきらめて夫の隣りに身を横たえても、私の体の疼きは止まりません。
肉体の奥の芯の部分が、熱くなってしまうのです。
(ほんの少しだけ……)
心の中でそう言い訳しながら私は指先をパンティの中に入れて、割れ目をこじ開けてクリに指先を触れさせます。
「んっ……!」
少し大きな声が出ると、隣りで寝ている夫の体が寝返りを打つような気配を感じました。
そんな危険な状態になりながらも、私の指先は性器をまさぐらずにはいられないのです。
いいえ、白状します。すでに肛門を開発されている私は、性器を弄ぶだけでは我慢できないのです。
お尻の穴にも反対の手の指を伸ばして、性器と同時に責めてしまうのです。
声を殺すために、下唇を千切れるかと思うくらい強く噛みしめます。肌が汗ばむほどに自分の指に感じてしまいます。
大きな子供もいるような年齢に達していながら、いったい何をしているのかと自分でも情けなくなるときがあります。
それでもこの「禁断の指」を自分の意志で止めることが、私には出来ないのです。

“奴隷オークション”
こんなにも卓也君のことを想っているのに、そしてその想いは日増しに強くなっているのに……そして私の性欲もどんどん強まっているのに、それと反比例するかのように、卓也君自身の手で責められることが最近は少なくなってきているのです。
最近は卓也君よりも、卓也君の指示で他の男性に貸し出されそこで調教を受けることの方が多くなっているのです。
私としては、もはや家庭などどうなってもいいからとにかく卓也君に愛して欲しい、卓也君の色に染められたい、心も体も奴隷になりたい、そう本心から願っているのです。
なのに卓也君は、私を他の男に貸し出し、他の男の手で絶頂させられる私を見て嗤いながら悦んでいるのです。

※この続きは、『マニア倶楽部2020年5月号』をご覧ください。

マニア倶楽部2020年5月号
(2020年03月27日)
三和出版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?