哀哭の女たち第13回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち13 『鼻責め考』
今では鼻責めはSMDVDやサイトで頻繁に見られるようになったが、
二十数年前、私が全編鼻責めのビデオを出した時は、
「こんなものを作品にするなんて」などと顰蹙(ひんしゅく)をかったものだった。
13-6

ただ、マニアからは
「あんなふうに鼻を縦横に拡げる責めを
初めて(本当に初かどうかは判らないが)見ました」
との賛辞も少しはいただいた。
それまでも鼻フックを装着された女性のグラビアは少しはあった。
だが私は女性を縛り上げたうえ、
鼻孔を縦だけでなく横にも拡げたら、
彼女はどれほど打ちひしがれた気持ちになるだろう、と考え、
それを実行せずにはいられなくなったのである。
そもそもどうして鼻責めなどをやるのだろう。
美しい女性なら美しいままでよいではないか。
どうしてあるがままの美を愛でることができないのか。
人はそういうだろう。
だが考えてみればSMそのものが自然の美を歪める行為ではないか。
古の時代から完全な美と讃えられてきた女性の裸体美、
それを縄や拘束具で歪め、はては白磁の肌を傷つけさえする。
それがSMという行為ではないのか。
だが、浮世絵師にして日本の縄師の草分けである故伊藤晴雨師は、
『縛られた女は美しい』
と言った。
一部の人(たぶん故晴雨師も、そして私もまたその一部に含まれるのだが……)は、
神が与え給うた天然の美では飽き足らないのだ。
それを一度否定し、壊して、
新たに自分の手を加えて作られたものでなければ満ち足りない。
それが美であるとは言わなくとも、それに心を動かされるのだ。
さて、今回の生贄は山田実桜。彼女も本欄には二度目である。
13-1 13-2
一度目(『哀哭の女たち10回』)はバイブ等による2穴責めが中心だったが、
今回の調教では鼻責め、乳首クリップ責めが中心となっている。
そしてこちらの方が上品なお嬢様タイプの
彼女の魅力が引き出されているように感じる。
いつものように緩やかな責めから始めていったのだが、
指を鼻頂に掛け、ひきあげたとき、私のマニア心に火が点いた。
それまで涼やかで上品に見えていた実桜が、
一気に無残にひしがれた姿に変わった。
13-3 13-4
私の手で嬲られている顔だけでなく、
歪めた口、眉間に皺を寄せきつく閉じられた目。
私の手に抗おうと悶える体全体から、暴虐に弄ばれる無残な女。
という空気を醸し出していた。
ああ、そうか。彼女はこんなふうに堕とされ、
顔を蹂躙されている姿が似合っていたのか、
とそのとき私は思ったものだ。
当然私は鼻孔の横にもフックを取り付ける。
四方に拡げられ、まるで猪のようにひしゃげた鼻。
「ほら、自分の顔を見てごらん」
カメラのモニターを見せつける。
私にとってはふだんからやり慣れたことでも、
ほとんどの女性には初めてのことだ。
変わり果てた自分の姿に一瞬、
「いや……」
と顔を背けたが、
再び促されるとうす目をあけ大映しにされた自分の顔に目をやる。
ここまで蹂躙されれてはもう諦めてしまったのか、
それとも予想だにしなかった暴虐の行為が現実と思えないのか、
ぼんやりとモニターを見つめていた。
実桜はお嬢様的な雰囲気を持っているのと、
もう一つ長所がある。
それは乳房だ。Dカップある。
私のもとには星野蜜をはじめ、Gカップ、HカップのM女もいるので、
とりわけ巨乳とは言えないが、
色素が少なくきめの細かい肌と相まって美乳である。
その尖りはきれいな桜色で、
加えて痛みにも強い。
セックスのおり、もっときつく抓まんで、
と男におねだりしたこともあるそうだ。
13-5 13-7
ネジ付きクリップで挟むと、いつもより強くネジを締め上げた。
ついでに舌にもクリップで挟む。
もちろん鼻孔を四方に拡げる鼻フックは付けられたままだ。
そうしておいて、それぞれのクリップに釣り用の重りを吊るした。
重りはかなり大きい、100gのものだ。
13-8 13-9
さすがに、
「痛い、痛い……」
と悲鳴を上げた。
13-10
だが私はそれでも立ち上がるように命じた。
実桜は立ち上がるのを躊躇した。
立てば重りが揺れ、乳首や舌の痛さが増すからだ。
私は鼻フックの紐を上の吊り用の環に通し引っ張った。
実桜は立ち上がるしかない。
重りが揺れる。私は悪戯心でさらに重りを揺らす。
「キェー……」
という悲鳴。
鼻と舌を逆方向に引かれているので、
ひしゃげた声にしかならない。
13-11 13-12
鼻孔を引き拡げられ舌も引き出されて、
自慢の乳房も重りで歪められた実桜。
最初に見た清楚な美は失われている。
だが自然の理に逆らう愚者の目には、
今の実桜の方が心ときめくのだ。
このあと、実桜も浣腸・排泄でとどめをさされることとなる。
13-13
13-14
[お知らせ]
今回の山田美桜の調教の様子は 万縄レーベルYH-007 『鼻哭令嬢 極痛折檻顔面崩壊と乳首陰核分銅吊り』に収録されています。
お問い合わせ tanbikaiking@yahoo.co.jp
YH-007_jaket三和
万縄レーベルYH-007『鼻哭令嬢 極痛折檻顔面崩壊と乳首陰核分銅吊り』
【千葉曳三】
縄師、調教師。S男とM女のためのサークル『耽美会』の主宰。
自身のDVDレーベルとして耽美会、万縄(よろずなわ)を制作している。
幼い頃から自己の中のS性を自覚しており、
自分をマルキ・ド・サドの生まれ変わりではないか、とさえ思っている。
鼻責めが多く取り上げられるが、縛りはもちろん浣腸、スカトロ、
時には針や乳房吊りなど興味はSM全般に亘る。
※千葉への質問等、直接連絡を取りたい方は下記メールまで。
tanbikaiking@yahoo.co.jp
郵便の場合は、
〒273-0099 船橋郵便局私書箱37号 千葉曳三 まで。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?