哀哭の女たち第10回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち10 『山田実桜(みお)・少女折檻』
「ちょっと我慢すれば可愛い洋服が買えるくらいはもらえるわよ」
友人(実はその友人も私の所で撮ったのだが、)にそう言われてやってきたのが、
実桜である。
哀哭10-1

そんな軽い女の子とは思えない。
良家のお嬢様っぽい雰囲気を漂わせる。
はたしてこのような子が私の責めに耐えられるのか、
と最初案じたが、
この後思いもよらないM性を示すこととなる。
実桜の第一印象は本当にふつうの女の子である。
どこにでもいるちょっと可愛い女の子。
そんな実桜にあまり特別なことは要求できない。
童顔の彼女なので、女学生のお仕置きという設定にし、
ブルマーを用意した。
哀哭10-2
まずはブルマー姿の実桜を立たせ、
両手に水の入ったバケツを持たせる。
手を横に広げさせればよりきつい責めになるのだが、
残念ながら彼女の筋力が不足していた。
哀哭10-3
なんと時代錯誤の責め、
と思われるかもしれない。
まったく私の趣味の世界であるが、
私たちの年代のマニアにとって、
これは夢の一つであるのだ。
もともと私は趣味でこの世界に入った。
読者の方が同様の夢をお持ちならよいが、
そうでない方は申し訳ないが、
もうしばらく私の趣味にお付き合いいただきたい。
おや、と思ったのは、
実桜の体に縄を掛けた時だ。
掲載写真でもお判りと思うが、
彼女の目が変化している。
哀哭10-4
私は人の心が解らない朴念仁だが、
女性が縛られることが好きであるかどうかだけは判る。
縄好きな女性は縛られた時、
一様に遠く、深い眼差しになる。
もっとも縄好きである女性、
イコールM女であるとは限らないが…。
哀哭10-5
シャツの上から実桜の乳首を摘まみ上げた時だ。
この子はM女であると私が直感したことが誤りではない
と、確信したのは。
私は徐々に指に力を加えていく。
その力がほとんど100% になっても、
彼女は少し顔眉間に皺を寄せただけで、
拒否の言葉もなければ、弱音もはかない。
(もっともそうであれば必ずM女、というわけではない。
そのへんの機微はある程度の経験をお持ちの方なら
解っていただけると思う。)
「高校生の頃からでした。
自分はMだ、と意識し始めたのは」
実桜は述懐する。
「きっかけはコミックでした。
私の場合、露骨なシーンより、
先生や友達にいじめられる可愛そうな女の子が、
最後に縛られ、嬲られる、
というようなストーリーにいちばん魅かれ、
そんなふうにされることを妄想していました」
偶然にも若干のストーリーを設けたことが、
実桜のM性を引き出す手立てとなった。
哀哭10-6 哀哭10-7
実桜の乳首をクリップやローターで責めているうち、
彼女はかなりのことも受け入れるのではないか、
と思えてきた。
そこでさまざまな大きさのバイブを用意した。
普通サイズのバイブは難なく受け入れたので、
より大きなものにする。
哀哭10-9
それは反り返り、雁の部分が張った、
いかにも毒々しい形状だ。
お嬢様タイプの彼女が
こんなものに侵される落差を見たかったのだ。
しかし、さすがにそれは入らない。
ローションを塗布しても、
張り出した雁が大きすぎるようだ。
傷つけるわけにはいかないので諦めよう、
と思った時だ。
哀哭10-10
「やめないで、入れて下さい」
と言う。
M女が求めるものを与えられないのは調教師の恥である。
時間をかけさえすれば女性の膣は頑丈である。
実は私は実桜を早く帰してやろうと思って、
先を急いでいた。
だがじっくり腰を落ち着けることとした。
「分かった。そのかわり、
帰りが遅くなるよ。いいね…」
彼女はこくんと頷いた。
実桜が見事にそのバイブを呑み込んだことは言うまでもない。
その後、愛らしいアナルにアナル・ビーズを埋め込み、
はては膣用のバイブまで挿入したのだが、
実桜はそんな風に辱められることで、
喜悦を覚えていたように思う。
哀哭10-17
最後に施された浣腸、排泄では、
派手な放尿まで演じて見せた。
哀哭10-8
「今、彼と一緒に住んでいます。
でも彼にこんなことをして欲しい、なんて言えなくて。
今日は本当に有難うございました…」
ペロリと舌を出して、軽やかに踵を返した。
※本文の調教の様子は
YA-007_jaketー三和用
万縄レーベルYA-007 『穴哭 少女折檻~尻穴処女の穴拡張~』
に収録されています。
【千葉曳三】
縄師、調教師。S男とM女のためのサークル『耽美会』の主宰。
自身のDVDレーベルとして耽美会、万縄(よろずなわ)を制作している。
幼い頃から自己の中のS性を自覚しており、
自分をマルキ・ド・サドの生まれ変わりではないか、とさえ思っている。
鼻責めが多く取り上げられるが、縛りはもちろん浣腸、スカトロ、
時には針や乳房吊りなど興味はSM全般に亘る。
※千葉への質問等、直接連絡を取りたい方は下記メールまで。
tanbikaiking@yahoo.co.jp
郵便の場合は、
〒273-0099 船橋郵便局私書箱37号 千葉曳三 まで。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?