私はクラスのマドンナだった美人妻を熟女精液便器として使用しています。【「投稿マニア倶楽部」より】

※こちらは『投稿マニア倶楽部』シリーズからの特別出張版です。
●元クラスメイトの美人妻にアナル舐めをさせるSからの投稿(M:岬/投稿者・光男)ともにPN
当方46歳の御社『マニア倶楽部』愛読者です。私は現在小中学校時代に好きだった、かつての同級生を手籠めにしています。同級生と言っても今や人妻、しかも同じ町内に住む知り合いの家の嫁なんです。
misaki22
▲縛りが好きなY氏にビニール紐で縛られる岬。洗濯ばさみをつけるたび悲鳴をあげながら泣き喜びます。
30年ぶりの再会とは言え、私のことなどまったく覚えていなかった岬ですが、ある日サイドビジネスの話をエサにシティホテルへと呼び出しました。部屋に待たせておいたのは私の仕事仲間という名の「変態仲間」です。
最初は笑顔を作っていた岬でしたが、露出癖のあるTがイチモツを取り出してシゴき始めると、驚いて、
「許して……!」
と泣き出す始末。無論そこで終わらせるはずもなく、私は岬の顔を無理やりTのチ○ポへと近づけてしゃぶらせました。
misaki33
▲2本のチ○ポに無心にむしゃぶりつく人妻。私が告白したことも覚えてないような高飛車な女が、他人棒に奉仕している姿を見るのは愉快だ。
「うぐぅ、ふうぅ……あぐう」
私はそのままスカートをまくり、ストッキングごとパンティも一気に下ろして、濡れそぼったビラビラを舌で開きました。明らかに感じている岬の蜜壷は愛液で濡れそぼっています。
「岬さん、欲しくって仕方ないんでしょ?」
そして後ろから濡れているアソコを撫でると、
misaki44
▲ま○こと尻穴の2本同時挿入。1日女便器になった岬。嫌がることはなく健気に受け入れる姿にまた興奮する。
「はああん、入れてください、岬にそのチ○ポ入れてください~! これ欲しかったのぉ……いい、いい、もっと……」
と叫び、岬は狂うように尻を振り始め、数えきれないほどイキ果てたのです。それ以降、岬を呼び出しては楽しんでおります。
今回のプレイ写真はTが連れてきた男と3人でドライブした時のものです
misaki55
▲これをご覧になっている皆さまにも変態で淫乱な人妻・岬に精子をかけていただきたいです。
この写真が掲載されたエロ本が地元の書店に置かれることを想像すると、ひどく興奮してしまいます。ぜひ掲載をお願いします。
(おわり)

投稿素人変態熟女DELUXE vol.2 (投稿マニア倶楽部シリーズ)
投稿素人変態熟女DELUXE vol.2 (投稿マニア倶楽部シリーズ)
(2018/3/15)
三和出版

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?