真・エゴイストのつぶやき 第7回

「こだわり」
皆様新年明けましておめでとうございます。
本年も自称「エゴイスト」つぶやきにどうかお付き合いください。

さて、この原稿を書いているのは元旦、お正月気分で書いております。
ひとりで初詣へ行き、絵馬を書き、都内某所の初売りへ・・・・
思ったより人は少なかったけれど、それでも開店前から長い行列。
30分早い開店でした。福袋やセールを素通りし、真っ先に向かったのはランジェリーコーナー。
年末に入荷した今年の春夏コレク ションんを買うためです。
たいてい気づかれないけれど、私は洋服並みにランジェリーにこだわりがあるのです。
今回購入したのは、「人魚」をテーマにしたもの。ブルーとグリーンの繊細なレース使いが気に入りました。
年間を通して着用しているものもあるけれど、服と同様、ランジェリーも衣替えしているほどです。
今所有しているものは100㌫同じブランドのものです。
お気に入りのデザイナーさんの作品です。
それくらいこだわっているので、時折、「それお店の貸し出し品でしょ?」などと言われると、
正直ちょっとイラっとします。そんなお店があるのでしょうか、いくら洗濯されていても 、他人が着て
いる下着は絶対に着用しません!
必ず試着して、肌映りまで確認してから選んでいるのです。
では服は? と聞かれたら・・・・素材と質感にはこだわりますが、
仕事とプライベートとの境目のない私にとっては、似合う征服を選ぶような感覚でしょうか。
一年の99,9㌫ワンピースです。
理由は、コーディネートの簡単さもありますが、
一番の理由は、小柄な私に合うスカートのウエスト直しの手間を省くためです。
そして定番は、ピンクや白いレース、ひらひら物。
嫌いではなく、寧ろ好きだからよいのですが、選んでいると殆どのお店で、
「こちらがお似合いになると思いますよ」
と出されるのがその類。
服に限らず小物に至るまで。時々そんな自分が嫌に
なることもあるけれど「定番」からは抜け出せない運命なのだと最近は諦めて、
似合ううちに着ておこうと思っています。
ちょうどSMから抜け出せないのと同じようなものかもしれません。
初詣で、敢えておみくじは引かなかったけれど、さて、今年はどんな一年になりますでしょう・・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?