真・エゴイストのつぶやき 第6回

「復帰」
体調はまだ万全とはいかないけれど、1日ひきこもっているのもよくない。
あいかわらずSMの夢は見る。やはり私には必要なのだろうか?
ふと思い立って、立ち上げのときに手伝った新宿「スピネル」の店長に暇つぶしののつもりで電話をしてみた。

店主「今どこか勤めてん?」
相変わらずの関西訛りだ。
私「いえ、今は何もしてないんです」
店主「じゃあうちにきいへん?」
私「……そうですねぇ、とりあえずこれからお茶でもいかがですか?」
ということで、新宿の喫茶店へ向かった。
互いに近況を話しつつ、いつの間にか流れで再び入店となった。
「スピネル」は小箱のほうだ。在籍は少なめだが、お客様の定着がいいらしい。
自称「ぺこぺこバッタ」の店主の人柄もすきだ。
かくしてSMクラブへの復帰が決まった。
さて、話は変わるがエッチな動画を見ながら電マでオナニーするのが最近のマイブームだ。これは完全に彼の影響だ。
私たちは滅多にセックスはしない。
様々なストーリープレイをしながら互いに愛撫しあう。
最後は必ず彼の精液を飲ませてもらう。
どちらが引き寄せるのかわからないが、やはり普通のカップルではないだろう。
しかも思い返せば、初めて付き合った人以外、相手持ち(奥さんなど)がいながらの変態志向ばかりだ。今の彼にも奥さんと子供がいる。
私はこれまで一度も「別れて結婚してほしい」などと望んだことはない。
みんな家族を大事にしていて、時々奥さんや子供の自慢話を聞くとほっとするくらいだ。おそらく嫉妬という概念が著しく欠如しているのだろう。
今日たまたま聞いたのだが、所謂「寝取られ願望」のことを、NTRというらしい。
以前にも話したが、彼にはその志向がある。
明らかな浮気はタブーだが、時折自分の男友達を呼んで、わざと絡ませたり、時にはセックスもさせられる。ハプバーや乱交は正直苦手だが、興奮している彼を見ていると、なぜか私もその世界に引き込まれる。
 
最近久しぶりに彼が泊まりにきて、二人で盛り上がったので、朝までやっているデリヘルを呼んで、3Pした。
カップルでという需要はあまりないらしく、未経験の女の子が数十分後にやってきた。胸の大きなかわいらしい女の子だった。
彼と二人でシャワーを浴びてもらい、二人で彼の身体を舐めたり、レズプレイのようなこともして、女の子同士でキスしたりもした。女の子とキスするのは久しぶりだった。
途中、彼と彼女を置いて、動画を流しながら電マでひとりでオナニーしたり、彼女とレズプレイをしている間、彼もひとりでオナニーしたりもしていた。
数十分後、彼は射精し、私はいつものようにそれを飲み干した。
そしてそんな日々の中で私のマイブームが確立されたのだろう。今は、レズ、近親相姦、SMなど様々な動画を見ている。
彼も私も立派なエゴイストだ。そしてその行方やいかに……。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?