スカベンジャー 【第5話】

「どうかしら、念願のトイレを使えた感想は?」
「あぐうううう、こ、こんなの狂ってる!
この娘は陽乃本学園の生徒でしょう!」

「飯塚さんが悪いのよ。メリーズにトイレを使わせてしまうんですもの。
違反者は厳罰に処さないと周りへの示しにならないの」
ムリ…ムリムリ….
scavenger_005
あたしのために用意された『専用便器』に怒涛のウンチが流れ込む
オムツ排泄の恥辱を恐れて何日も貯めてしまったのが仇になった。
器具により開かれてしまっている肛門は閉じることができない。
「おっご、おっご、おっご………」
あああ、飲み込んでる……あたしのウンチを……
でもそうしなければ窒息で死んでしまう
あたしに出来るのは少しでもウンチを我慢することなのだが……
「ああああ、まだ出る……止められない……ごめん……ごめん…」
限界まで溜め込んだお腹はまだ排泄を止めてくれない。
あたしのコントロールを離れ『便器』にウンチを注ぎ続ける。
この学園は完全に狂ってしまっている。
同胞に、いや人間にこんな仕打ちをできてしまうなんて……。
scavenger_004


マニア誌ブログ編集部では、本作品の感想や叱咤激励、【十二月少女】さまへのファンレターなど随時お待ちしております。
また三和出版では、随時、新しい作品や投稿を募集しております。
皆様のこだわりの作品をぜひお見せ下さい。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?