哀哭の女たち第2回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち2 『美星るか』
今回は他の女性を紹介する予定だったが、
美星ルカとの浣腸プレイについて知りたいとのご要望があったので、
前回に続き、美星ルカについて紹介する。
DSC03813るか

全裸で座椅子にM字開脚で縛られたルカに浣腸器を見せると、
それまで明るく笑っていたのが、急にとても悲しそうな顔に変わった。
できれば浣腸はやめてほしい、というのがルカの本音だったそうだ。
そんな思いをルカは目で訴えてくる。
私はそんなルカの思いは無視して、
あいらしい菊門に200ccシリンダーを突き立てる。
DSC03811るかDSC03810るか
「ああー」という絶望的な声。
私が好んでシリンダー浣腸器を用いるのは、
女性の反応を直接手に感じることができるからだ。
おそらく女性も私の挿し込む力を直腸に直接感じていることだろう。
そして非情な浣腸液の冷たさも・・・。
一本だけでは終わらない。
2本、3本と続けさまに注入する。
小柄なルカの白い腹腔が徐々に膨らみ始める。
「うう……」と苦しげな声を漏らしたが、
なおも1本を注入して、やっと浣腸器を置く。
腹腔の膨満感に苦しめられていたのだろう。
大きな金ダライを尻の前に置くやいなや、
シュウーと透明な液が迸り出てきた。
DSC03820るかDSC03861るか
液はやがて茶色く色づいてくる。そして、液の中に腸内に溜まった排泄物が混ざり始める。立ち昇る仄かな臭気。
「浣腸が嫌なのは、においがこもるからです。
 だからSMの撮影では必ず朝出してきます。
 この日もちゃんと出してきたのに……」
DSC03880るか 
清楚なイメージのルカが見せる醜態。美の崩壊。
はたして彼女の清らかさ、美しさは失われたのだろうか。
私にはそうは思えないのだが……。
※調教リポートの映像は、『万縄~よろずなわ』レーベル作品
鼻哭M少女 ~悦虐の洗礼
穴哭レズ調教 鼻繋ぎ・W浣腸 ~連縛と従順~
でご覧になれます。
【千葉曳三】
縄師、調教師。S男とM女のためのサークル『耽美会』の主宰。
自身のDVDレーベルとして耽美会、万縄(よろずなわ)を制作している。
幼い頃から自己の中のS性を自覚しており、
自分をマルキ・ド・サドの生まれ変わりではないか、とさえ思っている。
鼻責めが多く取り上げられるが、縛りはもちろん浣腸、スカトロ、
時には針や乳房吊りなど興味はSM全般に亘る。
※千葉への質問等、直接連絡を取りたい方はこちらまで↓
tanbikaiking@yahoo.co.jp

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?