オムツ撮影の裏話 その8

前回の続きを、と思いながらパソコンに向かったのですが……。

そういえば先日、おむつ倶楽部09号の撮影をおこないました。
つくしちゃんというかわいらしいモデルさんに女子校生になってもらい、
「赤ちゃん」と「少女」の境を、行ったり来たりしてもらうという、
ちょっとミステリアスな物語。出来はいかがなものでしょう?

個人的な感興で恐縮なのですが、ちょっと興奮してしまったのが、
「授乳」シーンを撮影したときの、できごとです。
(あ、ちょっと待って下さいね。興奮だなんて、ちょっと語弊があるかもしれません。
そのぉ……なんといいますか、職業的興奮とでもいいますか、
いわゆるスケベーな気持ちではないのです。誤解しないで下さい)
お母さん役のモデルさんのお洋服をたくしあげ、
つくしちゃんには、オムツを着用した状態で、
たわわなオッパイの乳首を、
むゅうむゅう味わってもらっていました。

そのとき。
つくしちゃんが、たまたま尿意を催してしまったのか。
それとも、最初から監督が演出意図として準備していたのか。
いずれにしても、おっぱいを口に含んでいるせいで、
容易に言葉を発声できないつくしちゃんが、
「うぅ、うぅ」
苦しそうに呻いていたかと思うと、
どうやらそれは、乳房の圧力に苦しがっているだけの反応ではなく、
オムツの中に、こっそりお漏らししているときの、
「うぅ、うぅ」
という反応だったのです。
つくしちゃんはおっぱいをおしゃぶりしながら、
オムツの股間に両手をそえて、
一生懸命、オシッコを溢れさせていたのです。

【授乳されながら、オムツにお漏らしする女の子】
なんて場面を、迂闊ながら、はじめて目撃してしまいました。
気がつくと、ちょっとドキドキして、顔が熱くなっていました。
スタッフがのぼせあがっていては、話になりませんね……。反省しています。


それにつけても、お母さんやお姉さんなどの、
【オムツを当ててあげるほうの存在】
というのは、とっても大事なんですよねぇ。
ひょっとしたら、オムツを当てられる主人公より、重要かもしれない。
授乳シーンを眺めながら、そんなことを、つらつら思っていたりもしました(続く)
注 つくしちゃんの写真は、まだデータを整理していません!
終わり次第、ここにアップいたします


文責 丘崎太郎

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?