桜の園の蕾たち 【運命の再会  第2回】

『あぁ、この人だ……』
一目見てわかってしまいました。
あのウンチの人だ、と。

委員会を終えて遅くなってしまった帰り道。
寮への帰路を行く私の前方から、部活動の練習でしょうか?あの人が走ってきました。

12月 dg_02


「あ、あの、待ってください!」
通りすぎようとしたその時、思わず声をかけてしまいました。
「えっと、君は……?」
「あの、あの…」
でも何て声をかけたらいいんだろう?まさか「あなたのウンチ見ました」なんて言えるはずないし。
切り出すきっかけを掴めずにいたその時、また――――
ブリュッ!!!!
ビチュビチュビチュビチュビチュ!!!!
「ああああああああッ!!」
「え、え、何? どうしたのッ!?」
そんな、顔を見ただけでこんな……ッ!!
私の身体は彼女を前にすると反射で漏らしてしまう身体になってしまったの!?
そんなせっかく《再会》できたのに……。


マニア誌ブログ編集部では、本作品の感想や叱咤激励、【十二月少女】さまへのファンレターなど随時お待ちしております。
また三和出版では、随時、新しい作品や投稿を募集しております。
過去記事でも書いたように、皆様のこだわりの作品をぜひお見せ下さい。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?