マリーの部屋 第001回 お尻の思い出話。その1

第001回 お尻の思い出話。その1

「マリーの部屋」は、三和出版と深い縁のある三代目・葵マリーさんが、 『今、会って話をしてみたい!』ゲストの方と対談をし、 あれやこれやと面白話にはなをさかせる……という、到着地点予測不可能の対談コーナー。
記念すべき第一回は、三代目・葵マリーさんのキャラクター(方向性)を決めたという、東本満氏(伝説のスカトロ雑誌「お尻倶楽部」の創刊編集長)との対談です。
実は二人は、二十年からの付き合いがあるそうで、この日も本来なら『本日は、ようこそお越し下さいました』と言うような会話から始まるはずなのに、そんな前置きは飛ばして、初めての出会いの話からノンストップに会話が転がり始めました。


お尻倶楽部創刊のころ
東本「はじめて、マリーさんと会ったのは、水道橋にあったルノアール。そこで一応、松本(三和出版の元専務)さんが初代(葵マリー)ときて、それで俺が呼ばれて、一応同席して、それが初めてなんだよ」
マリー「へー、でも、そんときってさ、うんこじゃないじゃん」
東本「そんときはうんこじゃない」
マリー「でしょ」
東本「一応、三代目を襲名してってことで…」
マリー「そう、その日、ビデオ会社とか出版社とかを一日かけて、まわって、ぜんぶに挨拶させられて…たぶん、みんなそれが最初なんですよ。おそらくね。で、そっから、うんこになるのは、襲名式から?」
東本「うんこになった、っていうのは…実はその区切りは俺もよく知らないんだよ」
マリー「でしょ、わかんないんだよね。なんで私、三和でうんこしてんだろって、気がついたら三和でうんこしていたんだよね。何がきっかけかなって思って…」
東本「えー、だから、たぶん、その後、尻クラで、ゴールドラッシュって…」
マリー「うん、やりましょうって話になったのもよくわかってなくて」
東本「あの、説明すると、ゴールドラッシュは、三人目なの。一人目がスカトロっぽい女王様で日記ぽいものを書いてもらうってことではじまって、その人が何回で終わって、それで二人目の人をまた見つけて…二人目になって」
マリー「これでしょ? 私がやったいちばん最初でしょ」
東本「三人目で、スカトロもやる女王様っていうこと」
マリー「だって、この時点で二十一号じゃん、ってことは平成八年。いまは平成二十七年。十九年前でしょ?これの21の前に二人いたから、十号ずつやってたのかな?」
東本「いやそこまでやってない、最初の人が一年で、ふたりの人が三号ぐらいで終わって…なんかでSMクラブやめるとかなんとか…それで三人めを見つけようとして、ってことで白羽の矢が…」
マリー「そうそう、そこで私に白羽の矢がたったのかわかんなくて…間違って覚えてるのかもしれないけど、自分のなかで覚えているのは、浣腸とかうんことかが触ったりできますよ~的な行為をしたのが、私は襲名式なのかなと」
東本「襲名式っていつだったの?」
マリー「わかんない…それがぜんぜんわかんないの、なんの資料も残ってなくて」
東本「挨拶まわりのあと?」
マリー「後だと思う。襲名したけど、でも何もないやと思って」
東本「ちがうちがう、これの三号まえ(半年前)にグラビア撮っているの」
マリー「うんこの?」
東本「そうそう」
マリー「へえーー」
東本「あの…レズスカ」
マリー「ああ、そっか、これに書いてあったやつね。この十九号は私、誰とレズスカ…ともちゃんとやってて」
東本「ともちゃんともうひとり、三人でやってて」
マリー「って、これはじめたころは襲名式あったのかな?」
東本「(スタッフに)19号もってきてくれる。だからこのときにはもう、スカ女王様になっていた」
マリー「うん、なっているわけだ」
東本「スカができるっていう」
マリー「19号でしょ、21、これの前の前だから…平成8年の5月、3月、1月でやってるわけだ…」
東本「だから撮影じたいは12月その前の…」
マリー「だから、平成七年にはうんこしているわけだ…」
東本「そうそう」
マリー「ってことは、20年前じゃんやっぱり、私、業界歴20年っていってるけど、それはまったく嘘だね」
東本「まったく嘘?」
マリー「すごいサバ読んでるよね私…21年か22年の話なのに」
東本「まあ、そう…その前もあるとして」
マリー「だって水城千春でやっている頃があるんだから、じゃあ業界歴21年か22年だ、私。嘘ついていた。ごめん」
東本「まあ、だいたいだから」
マリー「私、いま46じゃん、22引いてみいよ。もう半分だよ半分、うんこで生きているんだよ私、やばくない?」
東本「それはしょうがないよ」
マリー「私も一緒か~ははは」
東本「そうだよ、だって尻クラで子どもひとり育てる訳だから」
マリー「そうだよね、私だって尻クラで何人女の子育てたことか、だって女の子何人使ったよ」
東本「まあ…」
マリー「ほぼ、ぜんぶ網羅しているでしょ」
東本「うん、なんかあるね、お願いしたよね」
マリー「何かあるとお願いするし、うちも新しい子がきたらそっちに、きたーって。あたらしいの入ったよーって」
東本「そうね、フリーで撮れるからね」
マリー「そう、スケジュールも値段も比較的楽だからね。だからこっちに投げててね」
東本「ははははは」
マリー「何人だろう…20人に及ばないかな…結構いるよね」
東本「うん」

IMGP3011

(お尻倶楽部を見ながら)
マリー「これが19号…ああそうそう、めちゃくちゃ綺麗に撮ってくれたんだよね」
東本「あ、二人か~」
マリー「二人っきりよ~そうそう…たぶん、これが表に出たために私はうんこ女優になってしまったんですよ。おそらく」
東本「え? そうなの」
マリー「たぶんそうだよ、ここからうんこの依頼しか来なかったんだから、仕事」
(一同笑い)
マリー「ほんとだよ~来るものくるもの全部、うんこで。女王様でちゃんと売ってたのに、女王様の、じょの字もないまま。おかげで私縛りも全然できない女王様になっちゃって…」
東本「ああ、まあ…ねえ」
マリー「そもそもできないんだけど。言葉責めの女王様みたいな売り出しでまずは出て。それからすぐうんこに行っちゃったから、私、手に職がないんだよね」
東本「じゃあ、いいも悪いも尻クラに出てために、いまスカトロっていう」
マリー「だから、尻クラに育てられたんだよって言ってるじゃん。私が執筆してる連載も、ぜんぶ尻クラがスタートで…」
東本「このグラビアは、なんでこうなったんだろうね? キャスティング、誰がしたんだろう。あんまり覚えてないんだよね」
マリー「わたしも全然、覚えていないんだけど…でも襲名式のあとのことだから。ただ、私のなかで覚えているのは、このともちゃんに、マリーさんのうんこがたべたいってお店の控え室で言われたのがきっかけで、襲名式でうんこをやろうというのだけ覚えているの」
東本「ん~はっきり言うとさ、じつは俺、この撮影行ってないの」
マリー「ええ? いなかったっけ?」
東本「行ってないの」
マリー「え~誰がいたのこの時代は?」
東本「Aくんがこの頃、仕切っていたと思うんだ」
マリー「あとは?」
東本「あと、井上まどかと仁科さんが行ってんじゃない…」
マリー「え~みんないないじゃん、すごくないこのグラビア! 死んじゃった女の子といないスタッフでできたグラビアなんだ」
東本「まあ、スタッフは死んでないけど…」
マリー「死んでないけど、三和にいないよね。22年たつとそういうことになるんだね」
東本「でも、(お尻倶楽部の編集スタッフが)ここで三人目になったのかな」
マリー「これの後の号で連載もつんだよね私」
東本「ここで、俺はいないけど、井上まどかと仲良くて、井上まどかから話がいってんじゃないかな? 3人目やりましょってはじまって」
マリー「あ、私打ち合わせしにきた記憶はあるよ、パパのとこに」
東本「うん、内容とか打ち合わせはするんだけど、そもそもは井上まどかが三代目って…」
マリー「この時点で私は三代目なの? 水城千春でやってるんだっけ?」
東本「三代目・水城千春って」
マリー「両方でもうやってるのか…なるほどね」
東本「だから最初のグラビアは水城千春なんじゃない?」
マリー「かな?…いやああ~(グラビア見て)水城千春と青山ともみでやってるよ。三代目って名前一個もでてこないんだ…しっかし、おしっこきれいに撮ってるよね」
東本「まあ、時間かけて撮っているだろうから」
マリー「そうだよ、これ丸一日だったよね…しかし、私の体型がまるで変わってないっていう、おっぱいの大きさからして、何もかわらない。これで次の号から連載…?
え? 何も連載してなかった頃だっけ?
この頃って私すべて重なってて、ビザールマガジンとミストレスと尻クラの三本柱を同時にやってたんですよ。どれがいちばん最初か分かってないの」
東本「ただ、この連載が始まって、お客がすげえ増えたっていう話は聞いたんだよ」
マリー「そうそう、お客増えたっていうか、いまもゴールドラッシュを見てきましたっていうウンコマンはいっぱいいるんだよ。今でもだよ。なくなってからそんな年月たってないけど、たいていスカトロショーパーティに来るお客さんは、これ!」
東本「むかーしからの、連載、いつも読んでおりますってみたいな」
マリー「そうそう、元々お尻クラブのファンだった子が、私の連載が始まったことによって、スカトロショーパーティを知って、現れるっていう」
東本「スカパーって、いつから始まったの?」
マリー「もう~聞かないで! って感じだよね。私、いつからやってんだろう…土地もわかってないの、渋谷も、六本木も自由が丘もやってるじゃない、それで今に至るって感じじゃない」
東本「あの、徳井さんと逢った後?」
マリー「唯ちゃんとやりはじめたのは、唯ちゃんがエルドラドを立ち上げたときにスカパーを一緒にやりましょうってふったのね。それまでは右京とふたりでやってただけだから、ママが持っていた当初の女の子たちと」
東本「あ、その前からやってるんだ。えっと、徳井さんがね…」
マリー「エルドラドって長いんだよね、十何年になるんだろう。バンビやめてすぐやったんだよね、たしか」
東本「40号にね、徳井さん載ってるんだよね。これがエルドラドの前」
マリー「まだ、バンビの頃…初期バンビの頃」
東本「そうそう、40号だから…平成11年7月。このときはまだモデルだけ。このあと、2、3年ぐらいでエルドラド」
マリー「池袋に来たんじゃない。その前までは千葉の奥地に住んでて、こっちに通ってたわけだから。それまでは私は右京とやってて…」
東本「だからエルドラドで徳井さんとやりはじめた2、3年前から? もっと前?」
マリー「もっと前でしょ。渋谷のさあ…宮益坂あがってったほうのマンションで、撮影会こみでやってた浣腸もうんこもやってたやつがはじめ。ともちゃんもまだいた時代。あそこからはじまって…ママが会員制で客集めて…」
東本「そういうところはね、抜け目のない人だから…」
マリー「そう、高い金とって…あそこ渋谷でやってたんだよね」
東本「まあ、初代がね、そもそもイベント的なショー…」
マリー「でもさ、あの人、スカNGじゃん」
東本「六本木のマンションでビデオ撮ってたじゃない。それ結構浣腸系のビデオだったよね」
マリー「あ、その前の六本木? ブルーシャトー時代?
そうそう、撮るとかいるのは大丈夫だけど、自分がプレイとしてやるのが無理で、だって、女の子のまんこ触るのも手袋つけるような人だから」
東本「だから、葵マリーっていうと、俺は結構スカの頭あんのよ。当時はスカのビデオ自体がそんなになかったから。ブルーシャトーというとスカっていうイメージ。
マリー「そうなんだ。ブルーシャトーっていうと、最悪なSMっていうか、殺されかけるSMっていうか、だって、ママが神社にいって大木めがけて一本鞭の練習を夜な夜なやってたぐらいの時代だから…すごい長いやつ。それイコールブルーシャトーだから怖いよね、イメージは」
東本「まあ、ハードなイメージあるよね」
マリー「いまでも老いぼれのヨイヨイの人が、たまに、葵マリーの名前をかぶらせて会いに来ると、初代はすごかったっていうじゃない」
東本「やっぱ、同じくらいからはじめてるのかな、連載と」
マリー「たぶんね。連載とはじまってるから、うんこネタも尽きずにいたんじゃない、と思うんだよね」
東本「スカでお客さんもいっぱいくるし、ショーでもやろうかという話だよね」
マリー「それか、ママの悪知恵でやったほうがいいんじゃないって、千春ちゃんやったほうがいいわよって、この言葉がずっと頭にのこってるからね」
東本「お金もいっぱい取れるし?」
マリー「そうそう、たしかそれではじめて、渋谷で浣腸やって、六本木はどこだろう?
あ、あそこだ、六本木の×××でやってたんだ。ブルーシートひいてね。それから、渋谷でママ(初代・葵マリー)が捕まったし、六本木でもママが捕まって、いい加減ママを外に出すのはやめようと。自由が丘の白い一軒やを借りて、駅からまっすぐ行ったところの。スカトロショーパーティをやって。それから一部二部になって、一部はおしっこパーティ、二部はスカトロショーパーティって頃から、毎回三和が取材にくるようになっていたんだ」
東本「その頃から原型ができていたんだ」
マリー「その時点で、仁科さんが参加してたんだよね、毎回」
マリー「その頃は、もうすでに尻クラなんですよ。自由が丘のときも尻クラ一色なんですよ」
東本「ほかの、ミストレスとかの連載はやっぱりスカ系の記事になってたの?」
マリー「書いてなかったと思う。スカは、お尻クラブだけだったと思うよ。ミストレスは女王様的ななにかプレイ日記的なものだったし、ビザールマガジンは何書いてたんだろ?
ビザールマガジンがいちばん文字数すくなくて、いちばん長いのが尻クラ。それで隔月でしょ、もう来るたんびにノイローゼになりそうでね…文字数おおい! みたいな。私たぶん、長い原稿かけないんですよ。いまもそうなんだけど、800~1000文字ぐらいがベストで、自分のなかで起承転結つくるのが。でも尻クラ長くて…最初に書いた話題を忘れるぐらい、あれ、私どこまで書いたかな?って」
東本「スカ系のお客さんとか、いっぱいになってくると、それでも書けなかったの?」
マリー「頭のなかと、書くものがついていけなくなっちゃうのよね、なんか。私にとって尻クラの原稿ってのは、修行の期間で、ここで勉強したのをよそで排泄するっていう…ビザールとかミストレスって、担当の人もチャらい人とか楽チンな人で、原稿送っても、訂正っていうのが入らなくて…ここはちょっとって言われたのは尻クラがはじめて。今もそうなんだけど、直されたことってないの。お尻クラブで文章の力がついたよ」
東本「へえー、あんまり俺は覚えがないんだけど…」
マリー「最終号で語ったんだけど、愛がないって言われた言葉がすっごい傷ついて。しゃべる言葉じゃない、音声じゃない文字にするものに、愛ってどうやって表現するのかってほんとに悩んだんだよね」
東本「でも、ウンコマンたちはついてきてたから…」
マリー「愛を感じてくれたんだよね。たぶん、でも実際今も文字で表現する、愛情って納得しないというか、わかってない。書き手になってちゃってるから、読み手じゃないからさ、わかんないんだよね」
東本「でも、そこらへん分かって書く人ってそんなにいないと思う」
マリー「えーそうなの? まったく理解できなくて…」
東本「本質的に持ってる人か持ってない人かで変わってくるんだと思うけど」
マリー「(連載を)見てきましたって、言ってくれる人がいるっていうことは、ちゃんと伝わりたいことが伝わっているんだよね、文字で。おそらくね。何号かやらせてもらってから、もう文句も言われなくなったし、パパ(東本編集長の愛称)もさ…ちゃんと読んでくれてるかわからないけど、クレームは入んなかったよね」
東本「たぶん、そこで担当かわったのかもしれない」
マリー「そうか、仁科さんになったんだ、途中から。あ、うっちゃんから仁科さん。私、仁科さんが長いんだよね、いちばんね」
東本「まあ、長いからね」
マリー「20年もやってるからさ、え? 20年?  連載としては20年」
東本「111号で休刊、ぞろ目で休刊、112号だから、19年? 18年? ん? 120号で20年でしょう。8号少ないってことは18年何ヶ月だ」
マリー「約19年だ。私の最大の歴史に残るよね。人生の。19年連載してるところってないんじゃないの?」
舟山「ふつうに考えても長期連載ですよね、ほんとに」
マリー「いい加減、単行本にしてよって話じゃないか。19年も書かしておいて」
東本「19年…見開き2頁だから、200何頁あるってことだ」
マリー「すごいよね、よく書いたよね。当時ってワープロじゃん。私、パソコンに移行するのがすっごい遅かった人だから、ワープロなんですよ」
東本「最初の方はね。あ、それでフロッピーかなんか送ってたよね」
マリー「写真だってネガかなんかの入稿でしょ? え? ネガ?」
東本「ネガか紙焼きか…」
マリー「紙焼きか~そんな古いの? やだもう。ポジはまだずっと後の話?」
東本「ポジになってたかな? って、データに変わったのいつ?」
マリー「ぜんぜんわかんない。ポジをカシャカシャやるので選んでた」
舟山「ポジはだれが撮ってたの? カメラマンはいたの?」
東本「たぶん右京さんじゃない」
マリー「(右京さんが)撮ってたんじゃないかな…それかママの手下とかが撮ってたんじゃないかな」
舟山「手下?」
マリー「そうそういたんですよ、ママの手下っていう毎回来る手伝いが。やつがアナルとか超マニアで、毎回アナルにコンドームを入れて、そんなかに自分の腸をブワーーっと出して、こんな大きい袋のなかに腸をつめて、ぶらさげたまんま写真を撮るんだよ。毎回いるんだよ。おじいちゃんだったけど。もう死んじゃったかな」
東本「…え、脱腸?」
マリー「そうそう! 脱腸して、それをコンドームにしまって、それをブラブラさせたまま写真を撮るっていう訳の分からないカメラマンがいたの」
一同「カメラマン(笑)」
マリー「そう!カメラマンなの、何か知らないけどいて。終わったらそれしまうんだよ」
一同「魔界だよね(笑)」
東本「あん…まり、そういうの聞かないけど」
マリー「私なんか衝撃だよね。だんだん慣れてきちゃうんだけど」
東本「その辺りの人だよね、写真は。その人も撮ったやつを何枚か…」
マリー「そうそう、もらって」
東本「最初のうちは一枚ぐらいだったよね」
マリー「だよね、三枚になったのは最近な気がする。物心ついてから(笑)」
東本「物心っていつ?(笑)これ四枚だよ」
マリー「そうか、四枚か…最終号ぐらいは何枚ぐらい」
東本「最終号ぐらいは(写真)小さくなっているんだよ」
舟「えりちゃんになってから、もう撮りまくりで…」
マリー「そうそう、私も楽だから、入稿するのもそっちで勝手に選んでって勢いで」
東本「この頃はもうアイフォンとかで…たぶんね」
舟「最近の若い編集者はポジを触ったこともない人もいるだろうから」
マリー「ただ私、仁科さんには毎回ROM送ってたんだよ。メールでなくて。当時隔月ごとに三和に持って来てたんだよ。25日が締め切りで、24日にだいたい来るんだけど巣鴨の地蔵通りが混んでて、4のつく日やだなあと思って」
東本「最初のうちそうだったよね」
マリー「私、わざわざ持って来ていたんだよ」
東本「そっかー。でもまあ、紙焼きからデジタルに変わる…」
マリー「ほんとに水城千春から三代目葵マリーの歴史が、ぜんぶお尻倶楽部を読むことでわかるんですよ。冒頭部分とかに小言をつぶやくときがあるじゃん、いきなりうんこの文になっていないから、あのさわりだけでも集めると私の歩んで来たものがわかるのかもしれない」
東本「ふーん」
マリー「全部これだもんね、情報頁があったから、そこを読めばある程度、ビデオとかイベントとか…」
東本「何をやっているか分かると」
マリー「何をやってるかすべてわかるんですよ」
東本「でも、あの情報頁っていつからついてるんだろ?」
マリー「最初から、ついてるでしょ」
東本「スカトロショーパーティ、大量浣腸&アナルファック大会、おしっこパーティ…」
マリー「(笑)これしかないんだよね。あんまり関係ないもの載せてもしょうがないから、そうするとこればっかりになっちゃうんだよね」
東本「三代目葵マリーのレズナンパ」
マリー「ビデオだ」
東本「ビデオのリリース、葵マリーと遊ぼう会、アルファインターナショナル」
マリー「そうそう、遊ぼう会ってやってたんだよね、最初ね」
東本「アルファで結構撮ってるのか、この時分は」
マリー「右京がアルファの社員だった頃じゃない。ADで入ってたのよ」
東本「磯野さんの下? アルファも古いからね」
マリー「アルファでも、うんこ何回も撮っているし…当時、これを始めたくらいは家にトイレットペーパーがいらない時代だったんだよ」
東本「ふふふ、うんちは撮影で出す」
マリー「するときは、台所でしたり風呂場でしたり…トイレでするにしてもトイレットペーパーでふくって行為は無かったんだよ。全部自撮りをしなくちゃならないときで、何かしらで映像に絶対残さなくちゃって、そういえば最近トイレットペーパー買ってないなーって思う時期があったの」
東本「ふーん」
マリー「いまでもうんことかすると、さよなら~みたいな」
東本「ちょっと勿体ないな~」
マリー「そう、勿体ないな~みたいな。エルドラドのガールたちも、良いのがでると☓☓円バイバイーって思っちゃうのよね~って」
東本「(笑)金額をいうとちょっと…悲しいね…」
マリー「それはピーしてもらって…でも今でも女の子たちはみんな思ってるよ」
マリー「いやーよく書いたよ。すごいな私、改めて思うわ。
でね、いちばん最後まで水城千春っていうデビューしたときの名前を残してくれたのは尻クラなんだよね。もう誰も使ってくれないし、これがあるおかげで今でもスカトロショーパーティに来る人も水城さんって呼んでくれる人もいるし。たいした名前じゃないんだけどね。ママが名前がないとダメねって、パッとその場でつけた名前だし。当時のカメラマンの水城さんの名前をもらっただけだけど。ママもよくわからないんだけど、この人すごくいいカメラマンだからって、そのカメラマンから名前つけるなんてね。カメラマンになる訳じゃないのに」
東本「単なる思いつきだよね」
マリー「すごい思いつきですよ」
東本「それで商売しているからすごいじゃないですか」
マリー「それで千春は、私、アホだから別の名前呼ばれたら返事できないんで、例えばこれがアヤカちゃんだったら、アヤカちゃーんって呼ばれても、はいって返事する自信がないから、本名の千春にしたんだけど。でも、家では母(実母)に三代目って言われているという…私の本名はどこいったって…」
東本「三代目のほうが長くなっているっていうことか」
マリー「かなり長いですね、三代目っていうのは。三代目が名前だからね。葵さんって呼ばれることもあまりないんだよね」
東本「それはかぶるからじゃない」
マリー「初代と間違えちゃうってことはあるよね」
続く


【三代目・葵マリー】
風俗・AVを経て「三代目 葵マリー」を襲名。スカトロの女王として君臨。現在はローレグライズ協会の理事長としても活躍中。
【東本満】
三和出版から発行していた『お尻倶楽部』の創刊編集長。千人のアナルを拡張してきた肛門のエキスパート。現在はフリーの編集者として活躍している。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?