被虐願望をおさえきれない真性マゾ女性たちの最新報告と三和出版からのお願い。 

三和出版には大勢の投稿者の方から、たくさんの投稿を頂いております。

それらは、雑誌やサイトで公開したりしていますが、そんな中でもより多くの投稿を送って頂いているマニア女性たちの近況報告です。

肛門性愛、スカトロ性愛、二穴拡張などをしているインテリ異常倒錯大学院生そど美さんは、塗糞食糞が日常になってしまったそうです。

最近はSMスワップまでされるようになった奴隷未亡人リサさん。ご主人様以外の男性ではアクメしたくないと思っていても、開発された肉体は誰にでもイカされてしまうのだとか。

体臭フェチのマゾ真宵さんからも新しい投稿が届きはじめました。

残りの人生全てを与えられた家畜小屋で生きて行くと誓った家畜人ケイコさん。彼女は30代になりより性欲が増して淫乱になったそうです。

人妻でありながら複数の男性に所有されている共有奴隷の奈々さんも、年を重ねるにしたがい、以前よりも性欲が増したと言います。

朝から真面目に子供たちの面倒を見ているストレスからかセックス依存症になったマゾ保育士すずさんは、少し前までちょんの間風俗働いていました。彼女はこれまで以上のSEXスペシャリストになったそうです。

1日に1度は男の精子を飲まないと手が震えるほどのザーメン依存症に調教された奴隷OL久美さんは、小便飯がデフォルトになったと言います。

巨大な黒人チンポを含め、一度に何十人もの男たちに使われてアクメするセレブ人妻YUIさんも、ご主人様であるM-FUCKER氏より多くの投稿を頂いております。



写真の陰唇を醜く伸ばす肉体改造をされている女性は、家畜人ケイコさんの飼い主ある筑紫洋道氏に譲渡された奴隷女・千佳さんです。彼女は見せ物として惨めに醜く肉体を改造されている40代の熟女さんで、これからの深化が楽しみなマゾ女性でもあります。

筑紫氏によると、
「千佳の乳首肥大化や、性器、肛門の拡張などの肉体改造をケイコに手伝わせることで、千佳がこんなに醜くなったのはお前のせいだという罪悪感を植え付けています。その結果、ケイコの被虐性もより深まっているようです」
とのコトでした。

なんにしても投稿して頂いた素材は、今後【マニア倶楽部】本誌や、【三和エロティカ】【マニア倶楽部デジタル】などで、少しずつ紹介予定です。また機会があれば一冊の雑誌としてまとめることも考えておりますので、お待ち下さいませ。

もちろん編集部では、常に新しい投稿をお待ちしております。
お送りして頂いた投稿作品は、上に書いたように誌面はもちろん、このブログや三和エロティカなどで掲載をさせて頂きますので、ぜひお送り下さいませ。

抑えきれない破滅的な願望をもち、自虐自慰で一人慰める貴女。
自慢の愛奴を公開したいご主人様。
家畜奴隷の調教の一環として、奴隷たちに強い羞恥を与えたい方。
寝取らせ、寝取られ願望が強いマニアカップルの方など、皆様からの投稿をお待ちしております。

全ての投稿先や、ご質問、お問い合わせなど、詳しくは、
info@sanwaclub.com
まで、お問い合わせ下さい。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?