鼻輪と陰唇ピアスで躾けられている性奴隷女社長・ひなた(仮名)

三和出版の編集部には大勢のマニア読者の方から、多くの投稿があります。
それらはマニア倶楽部や秘性シリーズ、投稿変態熟女シリーズなどの誌面に掲載したり、三和エロティカでの配信、また最近始まったマニア倶楽部DIGITALなどで紹介させてもらっています。

そんな多くの投稿のなかから、今回はSEX奴隷に躾けられているという女社長・ひなた(仮名)さんを紹介します。

ひなたさんは、地方で小さな輸入雑貨店を営んでいると言う女性で、偶然出会ったご主人様に仕事面で抱えるストレスと、ひなたさん自身がもつ強い被虐生を見抜かれ、数年前からSEX調教をされているそうです。
ご主人様によると、
『比較的に裕福な家庭で育ったひなたは、有名女子校に通いながらもある程度の性体験はあったようです。
ただ自分のM的な願望は相手がノーマルな男ばっかりだったようで、満たすことが出来なかったと言っていました。
そして私との出会いをきっかけに、私が命じるままボディー・ラインが出るような服を着させると、恥ずかしがりながらも瞳を潤ませて発情するようになりました。
調教が進んだ今では、野外でもアクメするような淫乱な変態社長へと成長しました』
というマゾ女性で、今回大量の写真と動画をお送り頂きました。

現在、ひなたさんには告白を書いて頂いております。
1月に発売するマニア倶楽部に掲載予定ですので、お待ち下さい。


▲首輪と陰唇ピアスを鎖で繋がれてホテル内を散歩する


▲大量の顔射をしてもらったひなた。とても幸せそうな表情です


▲自宅マンションのベランダにて、羞恥露出


▲肛門フック&ボディーラインのでるタイトミニで散歩デート


▲数ヶ月まえに装着したと言う陰唇ピアスと鼻環は少し落ち着いてきた。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?