オムツの法則(布とか紙とかモロモロ)オムツ撮影の裏話

オムツを撮影しているとき、モデルの女の子が「おむつ」にたいして、 内心どんなふうに思っているかを瞬時に判定できる、ありがたい法則が存在します。
「わぁ、かわいらしい」とか、「オムツっていいですね」などという、 女の子たちの表面的な言動に惑わされない、ありがたい判断基準のコトです。

以前にも、書いたような気がするのですが、モデルの女の子は「オムツ」という 他に類をみないアイテムを前にすると、いろいろ気をつかってくれる様子。
スタッフに対してです。
(オムツか……ずいぶんマニアックな世界だな……みんなオムツが好きなんだろうな……) と感じながら、撮影をこなしていくわけです。
(オムツって、なんだかあんまりピンとこないけど、正直に言っちゃうとマズイよな……) なんて、心の中では思っているにちがいない。
まぁ、いくぶんこちらの被害妄想を含みつつの、手前勝手な推測なんですけど。
だから、「わぁ、かわいらしい」とか、「オムツっていいですね」などという、 女の子っぽい表層的な言説には、そう易々とのせられてはいけないのです。
彼女達の心の深淵を のぞかなければならない。
それは、撮影と撮影の合間合間の休憩時間に、あらわれます。
「はい、カット! 十分くらい休憩しましょう」 の声の後に、確実に訪れます。
「オムツ、いったん脱いじゃってもいいですか~?」 と言って、自分から外し始めちゃう女の子は、オムツに「ガツン」とくるものがなかった証拠。
反対に、オムツに「ガツン」ときてしまった女の子は、休憩時間で、カメラがまわっていないのにも かかわらず、絶対にオムツを脱ごうとしません。
場合によると、「あっ、オムツ当てっぱなしだった。脱ぐの忘れてた」 というぐあいに、モコモコのオムツを当てていることを、忘れてしまっていたりするのです。
「なんだか、オムツってイヤですね~。老人介護みたいで」「歩きづらくてダメ」 などと辛らつな言葉を浴びせてくる女の子でも、ずっとオムツを当てっぱなし。というケースもある。
そんなときは、(うんうん、ほんとうは、気に入っちゃってるんでしょ? まぁ、恥ずかしいからねぇ。 オムツ気にいっちゃったなんて、そう安易には認められないよねぇ。わかるよ、わかるよ) ニヤニヤと笑いながら、すこし意地の悪い気持ちで目を細めているのです。
今回の撮影では、登場してくれた全員の女の子が、 「あ、オムツ当てっぱなしだ。すっかり忘れてた……最初は違和感ありまくりだったのになぁ」
みんな、休憩時間にもかかわらず、ぶっ続けでオムツを装着しておりました。(^^)
続編はまた今度。
IMG_0894@

※オムツに「ガツン」という表現は、ちょっと元気が良すぎたかもしれません。
正確に言うと、オムツに「じわっ」ときた。 ……くらいが、うまく当てはまるのかもしれません。
文責:丘崎太郎

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?