卑猥な言葉を落書きされ、全裸露出で奴隷のダンス。【後編】

※来る6月14日(木)『女装インモラルSEX オトコノコ大量射精』(B5・1800円)の発売に先駆けまして、特別に既刊『女装美少年たちの牝イキ調教ファイル』より、〈りょうこ〉さんのレポートをお届けいたします。
※前回の記事はこちら【前編】


●アナル凌辱旅行(その2)
ryoko99
※りょうこ――22歳。自分の長身と容姿に強いコンプレックスを抱く美少年。女性らしく可愛らしい身体に憧れ、肉体改造願望を持つ。
「肛姦会」は初めてではありません。これまでにも、男性の会員さまのお相手をさせていただいたことはあります。ご主人さま以外の人とセックスをするのは苦手だけれど、それでも一生懸命がんばったつもりです。
ryoko04
▲A氏ご夫妻の前での肛姦観賞会。尻の穴にサイリウム棒を挿し込んでおもてなしの螢芸をご覧いただいた。
でも、今回のお相手の中にはA様の奥様がいらっしゃいました。奥様は、あたりまえだけれど女性です。男性のみなさんは、少なくとも〈りょうこ〉みたいなオトコオンナを気に入ってくださる人たちです。
けれど、奥様は本当の女性です。女性の前で、ニセモノの女装者が、いったいどうしたらいいというのでしょう?
ryoko77
▲四肢をダルマ拘束して、睾丸と肛門を責める。よちよちと覚束ない足取りで逃げ回る。
痛いことや恥ずかしいことは我慢できます。でも、本物の女の人に〈りょうこ〉のおかしな身体を嘲笑われるのは〈りょうこ〉のことを奴隷にしてくださったご主人さまも嘲笑われてしまうような気がして……そんなことになったら自分が許せません。
ryoko88
▲ペ○ス苛め。うなだれていた肉茎がマゾの発情に反応してぴくんと跳ね、クリップに着けられた鈴を鳴らす。
A様と奥様に対面したとき〈りょうこ〉は泣き出しそうでした。奥様は〈りょうこ〉のことを嘲笑ったりはなさいませんでした。けれど、奥様の視線を向けられるだけで〈りょうこ〉の胸は恥ずかしさと悔しさで、ズキズキと痛みました。
ご主人さま、お許しください……。
ryoko66
▲女性の前で犯されることを嫌がっていたが、ついに性欲に屈服してチ○ポをおねだりした。
この日の〈りょうこ〉は、玩具失格でした。奴隷のくせにご奉仕や芸のご披露よりも自分のことばかりを考えてしまっていたのです。
(おわり)

女装インモラルSEX オトコノコ大量射精
女装インモラルSEX オトコノコ大量射精
(2018/06/14)
三和出版

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?