総合変態レポート 第4回

『デパートメントH』
第三回にて、女性の黄金で豆苗を育てました。
一週間程で収穫ができる程に成長しましたが、ベランダで日に日に大きくなる作物を見ていると当然ですが単純に愛着がでてきますね。
僕は変態行為は精神論で考えている部分が大きく、苦手な事でも「好きな相手のため」であればどんな事でも、何度でも出来ると考えています。

このような覚悟は自分の精神が(肉体的にではなく)気持ちいいから出来るものなのです。
極端な話ですが、僕は切腹をするのは絶対に嫌ですが、それをする事で大切な人を守れるのであればするかもしれません。
仮に相手が望んでいなかったり、から回ってしまっていても、してしまうかもしれません。
僕は「自分の欲しいもの」具体的に言えば、本当の温もりのために、色々な事を後回しにした事もあります。
変態行為を通じて、息抜きをしたりして自分のほしいものを追ってきましたが、精神的なバランスを崩した時は、変態行為を痛み止めのように使う事もありました。
そんな中で、菜園という行為には派手さは全くないですが、温かみのある楽しい行為でした。
黄金が形を変えて僕を癒してくれたのでしょう。(笑)
(味は、いたって普通です。茹でて軽くドレッシングをかけましたが、美味でした)
丁度、体調が優れなかった時期の事ですから自分を見直すためにはいい機会でした。
これからも私生活とレポートの作成共に、地道に進めてゆこうと思います。
さて、明日は待ちに待った撮影です。
良好な精神バランスで明るく楽しく取り組もうと思います。
前回は、過去の出演作でしたが、次回以降で臨場感のある撮影レポートにしたいと思います。
どの様な目線で撮影現場を書いたら興味があるかなど、コメントを頂けたら可能な限りリクエストには早く、多く反映してゆきますので、よろしくお願いします。
自分を見直すついでなのですが、先日【デパートメントH】に参加させて頂いた際の写真がアップされていました。
ブラジャーを纏った僕の写真も。

2014-12-29 03.58.48


昔よりブラジャーが似合わなくなりました。(即席でつけたのですが、根本的に)
しかし、巨大なブラジャーは楽しいですね。強くなった気がします。
このイベントは、深夜の鴬谷で開催されました。
様々なコスチュームの人々、パフォーマーさん方、コスチュームというかマゾだよなきっとというような姿の人。多種多様な人々が集まりました。(僕のパンツが部屋着用のそれなのは、脱ぐと思っていなかったからです。汗)
様々な告知のコーナーがあり、舞台があり色々な意味で自分と似ている人を探しやすいです。うっかり、知り合いにも会いましたし。
僕も次回は、本格的なコスチュームで行ってみたいと思います。
凄くスタイルのいい人の確信犯の薄着の曲線や、奇想天外な発想の天才的なコスチュームと並ぶためには、相応の準備をしないとなぁ。と思います。
僕に足りない事は、自分から「これ」をやりたいという意思でしょう。
【デパートメントH】は、そう感じさせてくれるキッカケとなりました。
そして、少なくともこの記事の話題に挙げたほぼ全ての女性に「女の子みたいだよね」と言われました。
ついには、次回以降に追ってアップロードするつもりですが、上から女性の股に一物を挟まれて一物を奪われてしまいました。
相手の体重のせいか、位置のせいかはわかりませんが、自分の一物が自分のもののような感触がせず、相手にそれがあるのでは? いや、自分にも感覚があるぞ。違う、自分のだよ。といった不思議な体位でした。
それは、不思議で楽しい体験で良いとして。
対女性への反応や、このレポートを進めてゆく上で守備範囲に偏りが生じてしまう可能性が高いと思います。
総合変態レポートと言うからには、守備範囲も自分から広げていかないとなりません。
自分の好きな事だけではなく、自分の楽しみは守りつつ見識を広げてゆく必要があります。
先々のレポートでは、その点を意識しつつ、必要な場面では物腰の柔らかさも残しつつ、正しい意味での強さを獲得し、そして再び【デパートメントH】に参加しようと思います。
その時は、上下の下着の統制も取れている事でしょう。
僕に限らず、男性はけっこうデリケートな生き物だと思うので、地道にやります。長い目で応援して下さい。
前回の次回予告に記していた、ハプニングのあるバーとゲイのSM倶楽部についてですが、思っていた以上に体調の回復に時間がかかった為に、明日以降順次取材します。申し訳ございません。
大門イブキ


変態素人男優 大門イブキ(21才)
3才の頃から女性のウンチに興味をもっていたという早熟な変態マニア男性。
行為だけみるとMだが、精神的にはSだという大門氏は、多数のマニアックビデオにも出演している若手の素人男優。
稼いだお金の六割は下半身系に消えるという筋金入りのマニア男性。
様々な職歴をもち、以前はSMクラブで店長をしていた経験もあるのだとか。
日本一の変態を目指し、日々ウンチ系のパーティーやイベントにも精力的に参加しており、そこで知り合ったマニア女性と、
『これからは色々な変態行為に挑戦していきたい』とも仰っていました。
この記事を読んで大門氏にウンチを食べて欲しいと思った女性や、
変態男優としてAVへの出演依頼などは、メールを頂ければ編集部経由で転送します。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?