私が愛したM女優2 佐藤まゆみ

緊美研『セーラー服縛り・乳房被虐縄』
不二企画の緊美研DVD作品に
FHS03『セーラー服縛り・乳房被虐縄』があります。

佐藤まゆみさんがモデルで縛られています。
前半がセーラー服で、後半が白い下着姿です。
セーラー服を身につけた彼女は、ほんとうの女子高生にしか見えません。
ほんとうに可愛い。
まゆみさんは、セーラー服の上から縛られ、何本もの縄で宙吊りにされます。
逆さまに、そして逆海老に吊られて苦しそうに呻き声を上げます。
「ああう、ああう……」
宙に浮いた少女を、縄がこれでもか! と言うほど締め上げます。
 
(こんな可愛い娘を……)
痛々しい。
そう思いながら、私は画面に釘づけにされ、興奮の波が押し寄せてきます。
気持とは反対に、苦しみ悶える彼女をもっと見たいと、心が疼きます。
まゆみさんは、吊るされたまま、しばらく放っておかれます。
私の妄想は、ここでも始まりました。
少女は吊りの苦しみから逃れようと、くねくねと身体を蠢かせますが、
彼女を捉えた何本もの吊り縄が、更に身を締めつけてきます。
ぎしぎしと鳴る縄から逃れられない悲しさに、
呻き声は、いつしか泣き声へと変わります。
「堪忍してえ!」
吊りから降ろされた時にはぐったりとして横たわる少女。
放り置かれる彼女の身体は、まだ後ろ手に縛られたまま。
疲れ果て、痛みの残る身体を無理やり引き起こされ、
縄尻を天井のパイプに繋がれます。
散々、縄責めに喘いだ少女は、囚われの住処である「檻」に戻されても尚、
縄付きのまま繋がれ一夜を過ごさなければなりません。
明日は、どんな責めが少女に降りかかるのでしょうか……。
暗い地下室に、少女のすすり泣く声だけが聞こえました。
白いブラジャーとパンツの上に白いシュミーズを着たまゆみさんが、
椅子に座っています。
下を向いたまま、恥ずかしそうに拳を握って膝に置いています。
やがて、両手を後ろに回され手首を縛られます。
余った縄で胸を縛られ、縄が足されます。
じっと、何かに耐えているような雰囲気が伝わってきます。
幽かな身体の慄えが感じられます。
頭上のパイプに縄尻を繋がれ、俯いた彼女を、カメラが捉えます。
“約十分”もの間、
「椅子に座って縛られ、俯いた少女を映し続けます。」
男の手が、下着の肩紐を外し、ブラジャーをずり下ろして、乳房を半分、
布の上に乗るように晒け出した他は、恥ずかしそうに、
そして、悲しそうに顔を背けた少女を、ずっとカメラが映していました。
吊りもなければ、道具を使って責めることもしない。
喘ぎも呻きも聞こえてきません。それでいいのです。
このシーンを長いと見るか短いと見るかは人それぞれでしょう。
私は画面に見入り、興奮を覚えました。
何度も見ていますが、けして見飽きることがありません。
見るたびに、心がざわつきます。
やがて、少女は椅子から降ろされて、冷たい床に正座をさせられます。
縛られ、まるで、お白州に引き据えられた女囚のようです。
少女の瞳から、堪えきれずにぽろりと、鳴咽とともに涙が零れ落ちました。
私は、思わずつぶやいていました。
(可愛い)
ほんとうに可愛いのです。 縛りたいほどに……。
文 川上雄二

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?