見えない部分を見てみたい(日々雑感)

もしあなたが、パートナーとSMプレイをしようと、ホテルへ出かけたとしよう。

そうして、SMプレイの模様を、ビデオカメラで撮影しようと思い立ったとしよう。
実際、ビデオカメラをまわしはじめるのは、いつだろうか。
おそらく大抵のひとは、SMプレイの、一番「いい」と思われるシーンを撮影するだろう。
ビデオカメラを据え置きにして、撮りっ放しにするにしても、とりあえずはSMプレイを始めてから、ようやくビデオカメラをまわしはじめるはずである。
極端なことをいえば、ホテルのカウンターに行き、チエックインの様子から撮影するひとなどいないはずだ。
あるいは、ホテルの部屋に入り、とりあえず荷物を置いたり、準備をはじめたり……という日常的な行為から、撮影をはじめるひともいないはずである。
しかし、実際のところ、所詮SMプレイは人間のおこなう行為であるのだから、ホテルに入っていきなりプレイに興じることはありえない。なんだかんだの前置き、人間同士のコミュニケーションやら、いたわりやらがあってから、プレイが始まることと思うのだ。
そうして、それは人それぞれで違うはずである。
私が興味あるのは、そんな見えない部分である。というか、そんなところこそ、是非とも、覗き見したい。
担当している「投稿変態熟女」というマニア本に「熟女ハンターヒデキ」というコーナーがある。
五十を超えたヒデキと、応募してきた素人熟女の一対一のやりとりを愉しむページである。
その中で、ヒデキは、ほとんどの場合、ビデオを撮りっ放しにしており、実際のプレイとは関係ない世間話を延々と繰り広げていたりする。ビデオ編集のときは、熟女とヒデキとのたわいもないやりとりを、ずっと見続けさせられるといったカタチになる。
もちろん、プレイの最中も、決して一直線ではない。のらりくらりとした寄り道があり、ふつう、そんな寄り道は編集の時間の都合で、カットしてしまうことが多いのだ。
たとえば、こんなシーンがあった。ヒデキが素人熟女さんにバイブを使おうすると、彼女が、ちょっと怒ったように、
「イヤよ、そんなもの。汚い。どうせ、他の女の子に使ったんでしょ!」
すると、ヒデキは、
「何言ってんだよ! ××××(うろ覚えなのだが、けっこう口悪いことを言っていた)」
「イヤよ、コンドームつけてくれなきゃ、ヤダから」
「しようがないなぁ」
みたいな流れて、渋々ゴムをバイブに装着する。
とにかく、ビデオ据え置きで撮りっ放しだから、一から十まで記録されているわけだ。
ふつうなら、プレイの流れを断ち切るような、こんな無粋なシーンはカットするのだけれど、切らずに、そのまま残した。なんともいえず好ましく、こんなシーンこそ見ていて仄かに欲情するのである。  文責:丸眼鏡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?