オムツ撮影の裏話 その10

前回のつづきで、お母さん役をやってもらうモデルさんが、
【オムツを当てながら、優しく、時にはイジワルに、時にはエッチに、話かけなければならない】
ことが、いかに難しいかを書こうと思っていたのですが……。



土曜日、おむつ倶楽部09号(4月7日発売)の撮影をしました。
今回の物語は、女子高生のいもうとと、OLのお姉さんのお話。
都内のマンションに、ふたりきりで暮らしているのですが、
いもうとのオネショが頻繁に発生するようになってしまいます。
そうして、困り果てたお姉さんが、
幼児用の紙オムツを買ってくる。
という発端から、物語が進んでいくというもの。
(その後、お話は思いもかけない方向へ展開していきます)
ドラッグストアを何件かまわり、
ユニチャームの「MO0NYパンツ」と
エリエールの「GOO.N」の
ふたつの紙オムツを物色しました。
どちらも、ビッグより大きいサイズの女の子用で、「13キロ~25キロ」が対象です。
いもうと役のくるみちゃんが、身長152センチと小柄なので、
お尻にぴたっとおさまるかなと、期待しつつ、いそいそと購入いたしました。
という訳で、
かわいらしいプリントの、パンツ式紙オムツが、
小柄な割には、ムッチリしたくるみちゃんのお尻まわりを(ゴメンナサイ)、
ひたと包み込んでいる映像を、たくさん撮影することができましたので、ご期待下さい!

でも、やっぱり子供用の紙オムツの限界というものがありましてね……。
紙オムツにお漏らしするシーンでは、
股の部分から、オシッコのしづくが、ぽたぽたと数滴、こぼれ落ちてしまい、
ベッドシーツを汚してしまいました。

ほんとうは、「すごいなぁ、紙おむつ。やっぱり何度お漏らししても、吸収してくれるんだ」
みたいな感嘆のセリフを用意していたのですが、
「あっ、洩れちゃってるぅ……」
指先で、漏れを確かめるくるみちゃんのセリフは、予定外です。
けれども、NGにしないで、そのまま物語に使うことにしましたヨ。(続く)

文責 丘崎太郎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?