家畜人ケイコ&千佳【淫液まみれ使用済み下着】動画

家畜人ケイコさんの飼い主である筑紫洋道氏より、今年もたくさんの投稿写真や動画が届いております。
コレまでと同じく10月末にはそれらの投稿を集め、一冊の雑誌【家畜姉妹ケイコと千佳 淫虐レズ飼育の記録】として発売しますのでよろしくお願いします。

以前も書きましたが、譲渡前から厳しい肉体改造をされていた千佳さんは、筑紫氏に譲渡されてから数年たった今でも、陰唇肥大化、陰核肥大化、乳首肥大化、女性器と肛門の拡張、イラマ用に嘔吐反射除去などの肉体改造を継続的にされています。
そしてその施術の多くは家畜人のケイコさんが行っています。

▲六爪式の強制アナル開放器で肛門を広げっぱなしにされている千佳さん。施術をしているケイコさんはいたたまれないのでしょうか、アナル開放器のネジを回す指先が震えていました。
 
筑紫氏によるとケイコさんに千佳さんの身体改造を手伝わせることで、ケイコさんの心を調教しているのだとか。
なんにしても【家畜姉妹ケイコと千佳 淫虐レズ飼育の記録】は、そんな二人の調教動画はもちろんですが、セックス依存の家畜人として性奴隷調教をされているケイコさんの日常を収録した約4時間のDVDを同梱しております。淫乱なケイコさんの姿をぜひご覧下さい。


千佳さんの愛液でぐっしょりに濡れたパンティを啜るケイコさんは、24時間常にオマンコを濡らして、オチンポ様のこと、オマンコのコトだけを考えて発情するように洗脳調教をされている女性です。
この日は千佳さんの調教を手伝わされて発情しているケイコさんですが、主である筑紫氏はケイコさんには触れず、千佳さんに精を放ったそうです。
なんでもここしばらくは、肉体ではなく心を調教することが多くなったとも言っていました。
性奴隷として使ってももらえない、そんな惨めな境遇になっても、ケイコさんは余計に発情してオマンコをグッショリと濡らしてしまうのです。




今年は筑紫氏より、24時間つねに発情するように躾けられているケイコさんが、オマンコから溢れさせた淫液をしみこませた下着を頂きました。
この下着は既製品のレオタードをはじめ、ケイコさんが家畜小屋で手作りしたオーダー品で、世界に一枚しかない物が多数あります。
そんな下着に愛液をベットリとつけてお送りします。

詳しくは三和出版の通販サイト【三和エロティカ】にてアナウンスするので、しばらくお待ち下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?