奴隷女社長ひなた裏の貌 【攫われた女】

奴隷女ひなたの飼い主、なぎの助です。

今回も【奴隷女社長ひなた 家畜調教の記録】で紹介して頂いた、ひなたのコトを書かせて頂きます。


【奴隷女社長ひなた 家畜調教の記録】の表紙です。

今回は有名なSMホテルに行ったときの話。
ひなたは自己暗示にかかりやすい質なので、この日も、

『だれもお前を助けに来ないんだ、どうせ慰みものになるなら、お前も楽しんだ方がいいぞ』

とロールプレイの言葉をかけると、それだけで悲劇のヒロインのスイッチが入りました。

ポニーテールに刺繍のドレスで着飾った令嬢は、最初こそ反抗的な態度をとるのですが、数回ほど頬を張るとその虚勢も消え、怯えた瞳になります。
手錠でパイプベッドに繋いだまま、

『もっと酷い目に遭いたいか? イヤなら足を開いて自分から誘え』

と命令すると怖ず怖ずと震えながら足を開きました。

『許して下さい』

『助けて下さい』

『もう家に帰して……』

涙を溢れさせながら発せられる令嬢の口とは裏腹に、性器からはベッドシーツに垂れるほど蜜を溢れさせていました。

▲二穴にリモコンバイブを挿入したまま嬲られるひなたの図です。

次回もよろしくお願いします。

三和出版様のアドレスにメールを頂ければ、転送してくれるそうなので、感想など送ってもらえると嬉しいです。

ではまた。

なぎの助 拝

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?