鼻輪と陰唇ピアスで性奴隷になった女社長【SEX調教】動画 再リンク

サンプル動画の再リンクしたので、もう一度アップします。

これまでマニア倶楽部誌面やこのマニア秘宝館で何度か紹介してきてた、奴隷女社長・ひなたさんのご主人様から、新しい投稿写真や動画を大量に送ってもらっています。
それらを7月末にまとめて一冊の雑誌にする予定です。もうしばらくお待ちください。


▲映像は付録DVDに収録予定の、調教動画ダイジェストです。
お笑い芸人が言っていた『女の涙は我慢汁』と言う言葉通り、厳しい輪姦調教で号泣しているのに調教をやめず追い込むご主人様と、泣きながらもけ健気に主の命に従うひなたさん。
ラブラブで嬉しそうに奉仕をするひなたさん。
雪山で叫び、排泄も性欲も24時間全てを管理され、ホテルのロビーでアクメ姿まで晒す。
そんなマゾ奴隷として過ごす女社長××子の裏の貌である、ひなたをご覧下さい。


▲ひなたさんは初めての輪姦調教で来て下さった男性たちに『かわいらしく男に媚びて奉仕をしなさい』と命令をされたのですが、根がまじめな性格なのでしょう、
『私はかわいくないし、上手に媚びることができない!』と号泣してしまいました。
ですがご主人様はやめません、髪の毛をわしづかみ『俺が虐めているみたいじゃないか』と言って叩き、ひなたさんに輪姦ペニスで強制的なアクメを与えるのでした。

▲セクシーランジェリーで誘惑するひなたさん。

▲雪山を全裸で散歩。首につけられたステンレス製の首輪がさらに寒さを増加させます。

▲陰唇につけられた少しサイズの大きなピアス。残念なことに化膿してしまい今は外しているそうです。

▲トレードマークになったステンレス製の首輪と勃起した乳首でお散歩中のひなたさん。もちろんオマンコと肛門にはリモコンバイブが挿入されています。

以前も書きましたが、ひなたさんは、

「小さいながらも数人の従業員を雇い、女社長として会社を切り盛りしている××子ですが、やはり社長業のストレスは多いようで、私といるときは常に女社長の仮面を外した素顔のひなた(奴隷名)でいることを望んでいます。

女社長の××子として懸命に働いている表の顔も、ひなたという淫乱なマゾ女という裏の顔も知っている私としては、せめて、ひなたでいる時だけでも精神的、肉体的に満足させて上げたいという思いがとても強いのです。
僭越ですが私といる時だけは、女社長××子としての自分を忘れて、オマンコの快楽に身を任せるだけの、淫乱なチンポ中毒の家畜マゾ奴隷でいさせて上げたいのです。

そのためここ数年は、ひなたに肉体的な苦痛と快楽を与え続けました。
同時に私への服従による心の安寧も与え続けてきました。ひなたでいる時は全てを私に任せることにより、考えることを止め、言われたことだけをする指示待ちの奴隷でいれるのです。

先日は新たな調教の一環として、鼻環ピアスと陰唇ピアスも装着させました。
こんな家畜マゾ奴隷ひなたの姿を、三和出版様にて紹介して頂けると、彼女もより一層、被虐の炎に焼かれマゾ深化が出来ると思いますので、よろしくお願いいたします」

と言う女性です。

今回の動画の他にも、新しい投稿が届いておりますので、ぜひ女社長の裏の貌をご覧ください。
次回は別のサンプル動画か、他の投稿者のサンプル動画を紹介しますので、すこしお待ち下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?