「ご主人様だけの淫牝家畜になりたくて…」鼻と性器に奴隷ピアスの烙印をされた淑女。前編

鼻環奴隷となった女社長からの投稿手記 ※本誌付録DVD収録 告白 ひなた(仮名)

私の奴隷女・ひなたの写真と動画をお送りさせて頂きますので編集部の皆様、よろしくお願いいたします。

被虐の女社長
ひなたは可愛らしい顔をしていますが、31歳の独身。小さいながらも数人の従業員を雇い、女社長として会社を切り盛りしている女です。
ですが、やはり社長業のストレスは多いようで、私といるときは常に女社長の仮面を外した素顔のひなた(奴隷名)でいることを望んでいます。
女社長というと、勝ち気でグイグイ周囲の人間を引っ張っていくタイプの女性を思い浮かべると思いますが、女社長である××子は実際に自分に厳しく、周囲の人間もその熱量で感化させるような、エネルギッシュな女です。
ですが、××子のもう一つの貌である、ひなたの場合は、ご覧の通り一匹の奴隷牝でいる事を望む、真正のマゾヒストなのです。

ひなたは私と出会った瞬間に、『私はこの人の奴隷になるんだ』
と運命を感じてたと言います。
それだけ、ひなたの中の被虐の炎は、溢れんばかりに大きくなっていたのでしょう。
私自身、これまで幾人ものマゾ牝を奴隷として飼育調教してきましたが、ひなたほど激しい被虐性をもつ女は数えるほどでした。
従順で被支配欲求が強く、私が求めることはすべて受け入れる。自称マゾ女などとは比べ物にならない、「奴隷は主に全てを捧げる」という奴隷女の本質を体現するような愛奴です。
だから私も、女社長の××子ではなく『ひなた』でいる時だけは日常のすべて忘れさせ、オマンコの快楽と被虐の陶酔にを委ね、淫乱症のオチンポ中毒マゾ奴隷でいさせてあげたいと思っています。
実際にひなたでいる時は、衣食住の全てを私に任せることにより、考えることを止め、言われたことだけをする指示待ちの性奴隷としていられるのです。
そうして数年、ひなたは命令された事だけを条件反射のように行う、淫らな家畜奴隷へと躾けられました。もちろん、これはひなた本人が望んだ事です。
鼻環と性器ピアスを装着したのも、ひなたが常に奴隷である事を望んだからです。
多くの方が、女社長の仮面を脱ぎ棄てたひなたの本性を見てくださる事は、ひなたの強い奴隷欲求を満たしてくれる事でしょう。
現にこの投稿を行うと知った時の、ひなたの恍惚の表情と、ねっとりと溢れ出る牝臭い愛液の量たるや、驚くばかりです。
どうか編集部の皆様、ひなたの恥ずかしい本性を公の場で晒し、奴隷牝としてのひなたのさらなる成長に、ご協力ください。

ひなたの主

※この続きは、「マニア倶楽部202003月号」をご覧ください。

マニア倶楽部2020年3月号
(2020年01月27日)
三和出版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?