絶対に嫌だったのに、気付くと自分から「浣腸してください」と懇願していました。前編

浣腸マゾに調教されている初心者マゾOLの告白 ※本誌付録DVD収録 告白◎杏子(PN)

マニア倶楽部2021年5月号の特集は、「交際欄から始まったSM愛」と題して、本誌交際欄コーナーで出会った恋人たちの手記を掲載しております。

※2019年3月号交際欄掲載

体験してみたい
一昨年に交際欄に掲載していただいた「あんこ」改め杏子と申します。あの掲載をきっかけに、今のご主人様と出会うことができました。
内心では、メッセージなんて来ないんじゃないかって思っていました。だから、あんなにメッセージをいただくなんて予想していませんでした。
ただ、交際するなら都内近郊に在住していて、一〇~一五歳ぐらい年上の男性がいいと、ぼんやりと考えていて、お会いしたのはご主人様ただひとりです。

私は、年上の男性としか交際したことがありません。好きになるのはいつも年上で、中学生の頃、社会人の男性と付き合ったこともあります。初体験もその方でした。でも、若い頃は全然SMに興味はなくて、今思えばもともとMっ気は強かったのかもしれないけど、縛られたり、痛い思いをするのはどうしてもイヤでした。
そんな私が『マニア倶楽部』を手にしたのは、ちょっとした冒険心だったんです。中学や高校の頃から、純愛モノの少女漫画や小説をよく読んでいました。作品の中に登場する男性はいつもスマートで優しくて、あんなふうに思われて抱かれてみたいって、ずっと憧れていたんです。でも、大人になるにつれて、現実の恋愛は、漫画や小説みたいにうまくいかないってことがわかってきて、特に不倫男性にひどいフラれ方をしてからは、恋愛に絶望していたんです。
そんなとき、純愛モノの漫画や小説は全然つまらなくて、むしろイライラしてしまうので、だんだん愛憎モノを好むようになったんです。そういう作品では、SMっぽい感じの描写が多くて、そこからなんとなく興味をもつようになって、気づいたらネットで検索するようになっていました。SMっぽい動画を観てオナニーするようにまでなっていたんです。
そんなときに、たまたまネットで見つけたのが、『マニア倶楽部』でした。写真やDVDを観て、すごく興奮したけど、自分にできるかどうかはわからなかったし、やっぱり痛いのは怖いなとも思いました。
でも、体験してみたいという気持ちも確かにあって、かなり迷ったけど、ソフトなものならいいかなって思って、投稿したんです。今は、ご主人様と出会えたので、勇気を出してよかったなって思っています。

※この続きは、『マニア倶楽部2021年5月号』をご覧ください。

マニア倶楽部2021年5月号
(2021年03月27日)
三和出版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?