スカベンジャー 【第7話】

「ぐぬぬぬぬぬ……はあッ! んんッ!!」
「はぎゅッ! はぎゅッ! はぎゅッ!」
地下の薄暗い空間。秘密訓練施設 『潔(ケツ)の穴』。
肛門を連結したチューブの中であたし達のウンチが混ざり合う。

互いの肛門でチューブを引き合うお尻綱引き。
加えてそのチューブの中では互いのウンチを互いの腹へと押し入れようと
せめぎ合っている。
「勝つためには肛門と便意のコントロールが重要である」
と提唱した月咲先輩が考案した特訓メニュー。
全身で踏ん張りながらも肛門は開放する絶妙なアナルコントロールが要求される。
scavenger_007
「ぐぎぎぎぎぎぎッ!!」
「んぎゅうッ! あああああああああッ!!」
女の子を捨てた唸り声でさらなる踏ん張りを見せる佳苗。
気圧されたあたしの肛門が根負けし、さらに足もすべらせてしまった。
引きちぎられたチューブは乱舞し、ミックスされたウンチを撒き散らす。
加えて開放した状態のあたしの肛門からも勢い良くウンチが発射。
地下壕の密閉された空間では臭気が抜けることは無い。
数々の特訓で撒き散らさえた自らの汚物に吐き気を催す。まさに地獄。
さながらミルトンの失楽園だ。
あたし達は劇中の悪魔軍団よろしく地の獄で牙を研ぎ続ける。
scavenger_006


マニア誌ブログ編集部では、本作品の感想や叱咤激励、【十二月少女】さまへのファンレターなど随時お待ちしております。
また三和出版では、随時、新しい作品や投稿を募集しております。
皆様のこだわりの作品をぜひお見せ下さい。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?