おむつ撮影の裏話 その22

【わたしの先生はオムツ奴隷】なんです!

おむつ倶楽部の別冊「放課後おむつロリータ」には、
●わたしの先生はオムツ奴隷
●赤ちゃん契約書
この二つの長編おむつ物語が、収録されております。
(素顔の少女たち・メイキング集も、もちろん収録されております)

物語の内容については、事前にどのくらい紹介したほうがいいのか、
いつも頭を悩ませるものなのですが、
まぁ、題名からだいたいのところは察せられるのではないかと。
そこで、ざっくりとした見所を。

「わたしの先生はオムツ奴隷」は、
おすまししているけど、どこか裏がある女教師と、子供っぽい女生徒の
オムツレズビアン的な絡みがテーマになっております。
おっぱい吸ったり、ちゅうしたり、おむつお互いにまさぐりあったり。
お浣腸でおもらししたり、おしめオナニーしたり。

撮影スタジオが、「赤い壁紙の女の子部屋」だったせいか、
そこで行われたオムツシーンは、
なんだか全体的に、のぼせあがるようなオムツ蒸気にむせっております。
一転、保健室や教室のシーンは、ちょっとおすまししたクールな感じ?

メイキングにも収録されているはずですが、
生徒役のリコちゃんが、先生役の早苗さんを、
本気で気にいってしまったようで……(もともと淡いレズビアン体験の持ち主だったらしく)。

早苗さん自身もバイセクシャル的な性向があったため、
ふたりのオムツ絡みは、
演出なのか本気なのか、演技なのか素面なのか、
ぱっと見ただけでは判断に苦しむ映像になっております。

オムツ生徒とオムツ教師、視線と視線を絡ませながら、濃厚な口づけ。
そんなシーンでも、
どこまでが演出のチュウで、どこまでが本気のチュウなのか、
よくわからない。よくわからないのですよ……。
(あれ、そんなとこでチュウするシナリオだったっけ?)
てな具合で、ちょっとマゴマゴしながら撮影を見守っておりました。


文責 丘崎太郎

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?