オムツ撮影の裏話 その7

読者の方に送っていただいた、オムツやロンパース等のグッズ類のかずかず。

人によっては、段ボール箱で五、六箱もまとめて送って下さることもあります。
オムツはもとより、布おしめ、セーラー服、ほ乳瓶、ロンパース、紙オムツ、ネグリジェ、洗濯干し、
子供ショーツ、妊婦用ブラジャー、おしゃぶり、ハイソックス、粉ミルク缶、などなど……。
ものすごい分量のアイテムに、ただただ感謝するばかりなのですが、
そういった理由で、入手先が判然としないオムツカバーがあるという訳。
これはいったい、どこで購入したんだろう……という、かわいらしいカバー模様のオムツもありますし、
特注したに違いないと思われる、不思議な構造のオムツ、珍しいカバー生地のオムツもあります。
でも、ハッキリとした製造元は、わかりません。
送って下さった方のうち、荷札に携帯の番号が明記されている場合には、
オムツの入手先を尋ねることもできます。
ところが、住所が記してあるのみで、携帯の番号が書かれていない場合、
ヘタにコンタクトをとっても(たとえばお手紙を送るとか)、
迷惑になってしまう場合がありますので、極力自重しているのです。
だから、「判らないんですぅ……」という苦し紛れの返答?も、決して、いい加減に言っている訳ではないのです。
いずれにしても、オムツマニアの方が汗水を垂らし、長い年月をかけてコレクションしたものを、
ありがたく、使用させていただいている昨今のオムツ撮影。本当に、ありがとうございます!
ところで。
オムツ等を送って下さる方は、皆さんそれぞれ何らかの事情で、
貴重なコレクションを、手放さなくてはならなくなった方が、ほとんどです。
そんな方々のお話を伺っていると、マニア生活の行く末について、
思わず、考えさせられてしまうことが、あったりもします。(続く)

文責 丘崎太郎

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?