モコモコの外国製、紙オムツ! 幼児化〔強制〕おむつ教育

10月22日に発売される「幼児化強制おむつ教育」では、外国製のかわいらしい紙オムツを使用しています。
日本の製品にくらべて、繊維層が分厚くて、いかにも外国人の体型にあっているかんじでは、ありますネ。

思うのですが、紙おむつでも、ピタッと下半身にはりついた、パンツ的フォルムが好きな人と、組み立て式のモコモコとしたオムツフォルムが好きな人と、いるみたいです。もちろん、両方好きという人も、いるでしょうし。
個人的には、モコモコしたオムツフォルムが好きです。布のオムツカバーなんかは、モッコリ膨らんでいないと物足らない。
でも、最近は、幼児用の紙オムツを当てたりすることも多く、その場合は、もちろん大人の女の子にはかせるわけですから、もう、パンツはいているみたいに、ピチッとお尻まわりにくっつきます。パンツ式がメインですから、くっつき感はハンパではありません。
昔は、なんだかオムツなんだか、パンティーなんだか、区別がつかぬわい。と思ったりもしたものです。けれども、ずうっと見ていると、これはこれでとっても可愛らしく、アンド、セクシーな雰囲気も醸し出されていて、いい味わいがあります。
今回は、紙オムツでも組み立て式のモッコリしたやつを、多用いたしました。なんといっても、オシッコの吸収量が並ではありませんから。はじめてオムツにオシッコを洩らそうとする女の子が、まず、一番最初に気にかけることは、百人中百人といっても過言ではないくらいに、「オシッコがオムツから洩れないか……」ということ。だいじょうぶだと伝えても、疑心暗鬼のケースが多いのですね。今作の現場でも、みんな、疑いの目を向けていました。でも、一回試してみると、それからはジャージャー、場所と時間を選ばずなのですから、女の子は現金なものです。
幼児用紙オムツから、オシッコが溢れちゃう……という画もいいのですが、しっかり、オシッコをプロテクトする! というオムツ本来の役割も、重要視したいものですからねえ。
下に掲載した写真にもあるように、並ばされて、なな先生から下からむんずと掴まれて、グリグリやられたりしていると、シャカシャカシャワシャワと繊維の擦れる音がなんとも好ましく、いかにもオムツを当てられている! という恥ずかしくて惨めなかんじが、いい具合に表現されているとかんじました。
追記。
11月に、弊社の通販サイト「三和エロチカ」がリニューアルされ、それにともなって、新作の動画も、すこしづつ配信販売していこうということになりました。おむつ関係では、紙オムツを使用した物語やドキュメンタリー等を、配信販売していくことが決定しております。随時、このブログにて進行をお知らせしますので、よろしくお願いいたします。
IMG_2915@s
 
IMG_3707@
文責 丘崎太郎

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?