高嶺の花だった社長令嬢は、清楚な外見に似合わず凌辱を望むマゾヒストでした。後編

取引先の令嬢を奴隷にした男性の告白 ※DVD収録 告白 小百合 (PN

※前編はコチラから

令嬢の秘密の性癖
ある日、全くの偶然から憧れの小百合さんとお近づきになる機会が私に訪れました。
小百合さんがひとり暮らしを始めるので、新しく借りる部屋の手配を、お父上である取引先の社長じきじきに、うちの会社に頼んできたのです。
今の会社に入る前に不動産の仕事をした経験もある私に、その役目が回ってきました。
指示通りの条件の物件を集めお父上に提出し、選んでもらったものを内見して回りました。
内見は、小百合さんとお母様といっしょでした。束の間でも小百合さんといっしょにいられて、幸運に思いました。
間近で見る小百合さんはさらに魅力的で、感じのいい女性でした。本当に分け隔てなく私にも接してくれるのです。
(妄想の中とは言え、こんな女性を凌辱したなんて……)
そんな罪悪感を覚えてしまうほど素敵な方でした。
より親しくなれるチャンスだと思って、私は小百合さんとお母様に名刺を渡しました。
「何かあったら、いつでもご連絡ください」
そして、実際に小百合さんとお母様は私に連絡を寄越してくれたのです。部屋の契約の後の細々した手続きや、引っ越しの手伝いまで仰せつかりました。


「本当に助かりますわ……何から何まで……」
「いえ、これくらい何でもありません」
お母様と小百合さん立ち合いの元、私は引っ越し荷物の段ボールを新居に運び入れました。
もちろん運送は基本的には引っ越し業者任せでした。しかし業者に預けなかった貴重品については、私が自分のクルマを出して運び入れたのです。
新居は女性の一人暮らしには広すぎるくらいのマンションでしたが、社長令嬢ともなれば当然なのかなとも思いました。
(それとも、将来を誓い合った男性と暮らすのかも……)
そんなことを考えると、見たこともない相手の男に嫉妬心を覚えたりもしました。
貴重品の段ボールだけでも相当な数でした。搬入作業をしていると、段ボールの一つを小百合さん自身が持ち上げました。
「あ、自分が運びますよ」
私が言うと、小百合さんは笑顔で振り返りました。
「いえ、あの、これは私が自分で運びます……」
小百合さんの笑顔は、心なしか引きつって見えました。
その直後、小百合さんはその段ボールを持ったまま、転倒してしまったのです。
「あっ!」
転んだ拍子に段ボールの中身が床にぶちまけられました。
自分の目に入ってきたものが私には信じられませんでした。
それは毒々しい色と形をしたバイブにアナルグッズ、果ては首輪やバラ鞭、ボンデージっぽいラバーの衣装まで……。

※この続きは、「マニア倶楽部201911月号」をご覧ください。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?