スカベンジャー2 第2話【最初のオムツ排泄】

「い、いやぁぁぁぁぁぁぁ!!―――見ないでぇぇぇぇぇ!!!」

ぶぶっ!!
ムリムリムリッッ!!

オムツ越しに漏れる排泄音。
お尻がずっしりと重くなり、あたりに漂う強烈な便臭。

騒ぎを聞きつけ、いつのまにか人だかりが出来ていた。
これ見よがしに鼻をつまみ、ひそひそ声の嘲笑が聞こえるが、私の排泄音がその声をかき消す。

ブチュブチュ、ミチミチミチミチッ!!!
ブポッ!! ブリブリブリッ!!!

ついにこの時が来てしまった……。
三日間、何とか耐えていたが、いよいよ限界だった。
これ以上は我慢できなかった。

『トイレ禁止法』

それは転入生に課せられた無情なる規則。
その名の通り、転入生はトイレを使用してはいけないという悪法。

そのかわりにオムツ着用を義務付けられているのだが、さらなる恥辱を上乗せされただけだ。

「涼……」

思わず共に潜入捜査している仲間の名を呟いてしまう。
彼女も今頃はこの恥辱地獄に堕ちているのだろうか……。

このサイトは成人向けの情報を含みますので、18歳未満の方の閲覧を固くお断りいたします。

あなたは18歳以上ですか?