三和倶楽部厳選全国マニアック店
HOME > タグ [ 女教師・屈辱のゲーム ] 一覧
女教師・屈辱のゲーム 第三話

教室の戸が開いた瞬間、妙子は開け放してある一組の後の扉から教室に飛び込んだ。
二組の戸口は開け放しなのか、廊下に騒がしい声が溢れ出す。その中から、足音がこちらに近づいてくる。
妙子は教室の隅にうずくまり、目をかたく閉じて祈った。

「来ないで、こっちに来ないで…」

続きを読む

女教師・屈辱のゲーム 第二話

動悸がおさまるまでしばらくかかった。
妙子はのろのろと立ち上がった。いつまでもこうしてはいられない。
廊下には誰もいないが、思わず前を隠してしまう。
へっぴり腰で足音を立てないようにそろそろと歩く。
下腹がぐるぐると鳴り、数歩に一度は立ち竦んだ。
便意が次第に強くなってくる。

続きを読む

女教師・屈辱のゲーム 第一話

校長室から呼び出しがあったのは、二時間目が終わった直後だった。
(こんな時間に?)
妙子は廊下を急いだ。いつも呼び出しは放課後なのに……。

この小学校に赴任してすぐ、妙子の父親が事業に失敗し、多額の借金を残して蒸発してしまった。
一家心中寸前の家族に救いの手を差し伸べたのは、校長の黒川だった。
だが黒川は温厚そうな外見とは裏腹に、とんでもない悪党だった。

 

続きを読む

三和出版新刊情報