三和倶楽部厳選全国マニアック店
HOME > タグ [ 千葉曳三 ] 一覧
哀哭の女たち第17回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち17 『人間を捨てた女・亜希子』

流行りの言葉を使うなら『重い女』、
亜希子という女を一言で表せばそうなる。

しかも亜希子にはそれにM女という要素が被さっている。
男、快楽への欲求が強く、結果常にマイナスの選択をしてしまう。
それが亜希子なのだ。
本撮影の前、私はアナル責めで汚れた指を亜希子の口前に差し出した。
亜希子1
続きを読む

哀哭の女たち第16回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち16 『茜というM女』

山科茜は突然私のもとにやってきたM女である。
人を介してはいるが、その紹介者とて、ほとんど初対面の人物だった。

「SMに憧れている女の子がいます。
私が千葉さんに会うと告げたら、
『ぜひ紹介して欲しい。思いっきり責められたい』
と言っているのですが、会ってやってはいただけませんか」

望むところだ、と応諾すると、週をおかず彼女は私のもとにやってきた。
これが山科茜と私の、
短くも濃密な数ヶ月の始まりである。

16-1
続きを読む

哀哭の女たち第15回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち15 『人間噴水~汚辱を噴き上げた女たち』

でんぐり返りの状態のままでの浣腸、排泄。
私はそれを人間噴水と称んでいる。
形状からそう名付けたわけだが、
一般には『まんぐり浣腸』と呼ばれる。
尻を上に向けたままの浣腸、排泄だから、
もちろん体や、あるいは顔にも汚水がかかる。
哀哭15-4
続きを読む

哀哭の女たち第13回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち13 『鼻責め考』

今では鼻責めはSMDVDやサイトで頻繁に見られるようになったが、
二十数年前、私が全編鼻責めのビデオを出した時は、
「こんなものを作品にするなんて」などと顰蹙(ひんしゅく)をかったものだった。
13-6
続きを読む

哀哭の女たち第12回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち12 『顔責め特殊器具』

私はこれまでさまざまの責め具を作ってきた。
私が使用する鼻フックもすべて手製である。
鼻フック一つにしても、
強く引いても外れず、かつ肌や粘膜を傷つけないもの、
となると自分で作るほかはない。
哀哭12-11
続きを読む

哀哭の女たち第11回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち11 『相原志保・鼻孔チューブ通し』

相原志保は見たところ、
まったくふつうのおばさんである。

私は一人のM女を介して彼女と知り合った。
自分で言うのも口はぼったいが、相原志保は私と会い、
調教を受けるのが夢だった、と言う。
哀哭番外1
続きを読む

哀哭の女たち第9回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち9 『後藤あづさ~豊満美熟女・穴の奥~』

いかにも熟女らしい、ほどよく肉の乗った体つき。
対照的に直線的な整った顔をいつものように不機嫌に歪めて、
あづさは私を睨んでいる。
後藤あづさ、三十代の女盛り。
目鼻立ちのはっきりした、いわゆる美魔女である。
哀哭9-1
この日の標的は女のいろんな孔だ。
続きを読む

哀哭の女たち第7回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち7 『ゆめちゃん~鼻責め・浣腸編~』

前回の撮影から一週間後、再びゆめちゃんを招いた。
フィストや2穴バイブなどのインパクトの強い撮影ではあったが、
時間的な制約で彼女のポテンシャルを十分引き出してはいない。
フィストを中心にしていたせいもあり、あの端正な顔への責めも物足りなかった。
続きを読む

哀哭の女たち第6回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち6 『ゆめちゃん』

千葉6回 ゆめ5
「千葉さんの調教を受けたいと言っている人がいるんだけど……
もちろん撮影OKよ」
懇意にしている女性カメラマンからの電話だった。
「ショウなどで活躍しているパフォーマーだけど、千葉さん好みの綺麗な人よ」
早速教えられた番号に電話し、
その日のうちに会う日が決まった。
続きを読む

哀哭の女たち第4回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち4 『星野蜜2~縄を求める爆乳~』
今回も素人爆乳熟女・蜜を主に、美星ルカと蜜の二人責め撮影の模様をお伝えする。
出会った当初、蜜は縛りこそ好きだったが、
その他の責めは殆どが未経験だった。もちろん前回述べた鼻フックも私の所で初めて経験した。
蜜2-7
続きを読む

哀哭の女たち第1回【調教レポート】

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち1 『美星るか』
繋ぎ二人鼻輪
賢者は自らの内に生じた欲望を思い留めることができる。
それができないのが愚者だとすれば、私など愚者の極みだろう。
女を縛りたい、責めたい、犯したい……
よくしたもので、
そんな私の身勝手な欲望に身を捧げてくれる女性がいるのである。
続きを読む

月間人気記事ランキング

三和出版新刊情報