三和倶楽部厳選全国マニアック店

性奴隷OL久美 家畜マゾ調教の記録【調教動画】

これまで何度かアナウンスをしてきた、
ザーメン依存症になるよう、調教洗脳をされてきた性奴隷OL久美さんの
投稿を集めた雑誌『性奴隷OL久美 家畜マゾ調教の記録』を7月末に発売します。

本誌は以前も紹介しましたが、数年にわたる久美さんの調教動画と写真、
そして告白等で構成したSANWAリアル家畜シリーズの最新号です。

久美さんは、
『オチンポ様から出るものは、全て有難くいただけ。嬉しそうに嚥下しろ』
と言う強い嗜虐性をもつ、ご主人様の性奴隷として調教されているOLさんです。

今回は、ご主人様が久美さんに行っている、
飲尿調教についてです。

オシッコを飲む。と言う行為は、
飲む側と飲ませる側の意識によって、意味が違ってきます。
久美さんは、強い被虐性のためオシッコを飲むことにあまり抵抗はなかったそうです。むしろ男性のオシッコを飲むと、男性を受け入れて一つになったような気持ちで幸せになる。と言う女性だそうです。
ですがその考えは、ご主人様にとっては、あまり面白くない思考だと言います。
相手が喜ぶことをするのは、サービスのSだからです。
DSC08879
確かに、
『オシッコなんて死んでも飲めません』
と言う女性にムリヤリ小便を飲ませて、しかもその時に、
『ありがとうございます。美味しいです』
と言わせることで、責め手の嗜虐心がくすぐられるのは解ります。
ですが久美さんは、強すぎる被虐性をもっているため、
ご主人様のオチンチン様からでるオシッコを飲むと、幸せで嬉しい気持ちになる、と言うのです。
DSC08889
そこでご主人様は、
『オシッコを直接飲ませるのではなく、一度コップに出してから飲ませています。
こうすることで、これはチンポ様からでた有難いものじゃない、汚い小便だ。
と理解させているんです。
それに、オシッコって出すときに割れるコトがあるじゃないですか、それをこぼさずに全て嚥下させることができますし。
またあえて、時間を置いて臭いがキツくなってから、飲ませることもよくあります』
と言います。
DSC08886
家畜奴隷にオシッコを飲ませる。という行為の裏側に、
SとMの心理戦があるのですね。

次回は、また別のサンプル映像をUPしますので、少しお待ち下さい。

コメントする

三和出版新刊情報