三和倶楽部厳選全国マニアック店

ハプニングバーのススメーー基礎編 【最終回】

カテゴリーNTR , 投稿/素人

※ハプニングバーのススメーー基礎編【第3回】につづき、普段はいたって真面目なサラリーマン、見た目普通の妻子ありアラフォー男♂・Hがお送りします。

これまで紹介したように、ハプバーの方向性と自分の性癖が合致するようなお店で遊ぶことが、ハプバー選びには重要です。
これが決まれば、あとは楽しむだけ。
基礎編としてはこれでおわりなので、今回はハプバー初心者が持つ代表的な疑問・質問について、FAQでお答えしていきたいと思います。

Q1. 「ハプバー遊びって、どのくらいのお金がかかるの?」

基本的には、初回のみ払う「入会金」と毎回払う「入場料」が必要になります。
価格設定は、単独男性が圧倒的に高く、次にカップルさん、単独女性♀は最も安く、お店によっては無料ということもあります。まぁ、ハプバーでの〝思いがけない展開〟が成立するためには女性が来てくれないと始まりませんので、致し方ないところです。

詳細については、各店舗ごとにかなり異なりますので、お店のホームページなどでご確認ください。
また、「入会金無料」とか「○曜日に来店したら or BBSに来店予告したら割引!!」みたいなキャンペーンが行われることもよくありますので、HPは細かくチェックしておいたほうがいいですね。

ぶっちゃけた話、単独男性として行くとなると、かなりの出費が求められます。
となると、単独男性は特に下記のような点がとても気になってくるのではないでしょうか?

Q2. 「ハプバーにはどういう人たちがいるの? 特に女性は?」

この連載の最初にも書きましたが、ハプバーにくるような女性は、
「年齢、ルックスがとんでもない」(……って何よw)
「ちょっとメ○ヘラ入ってる娘ばかり…」
というような、偏見を持たれている方もいるかもしれません。実際にハプバー未経験者からはそのようなことも訊かれます。

正直に言いますと、まぁ、そのような女性がまったくいないわけではないのですが、来店する女性のほとんどは、当たり前ですがまったく普通女性です。中には、
「なんで、ひとりでハプバーに???」
とびっくりするような美女(カップルで来られる方が多い)が来店していることもあります。

お店に来る彼女たちは、少しだけエッチに対する興味が強い、また彼氏だけでは満たされないそんな思いを抱え、日常とは違う世界を楽しみに来ています。
普段では簡単には彼女になってくれないようなイイ女を、いかに口説いて、色々満足させてあげることができるかがハプバー遊びの醍醐味なのです。

年齢層も私の知る限り、見た目20~40歳台と幅広いですが、感覚的には大規模店舗のほうが若干若い人が多いかもしれません……。

(注意)カップルで来ている女性を単独男性が直接口説く・誘うのは重大なマナー違反です。そのあたりの詳細は次回の「ハプニングバーのススメ 実践編」にて詳しくお話します。

Q3.「ハプバーってホントに〝思いもよらない展開〟が期待できるの?」

正直な話、必ずハプニングが起こるとは限りません。
ハプニングのレベルにもよりますが、どこまで展開させられるかはあくまで自分の腕次第ということになります。
そのような意味では、ハプバーは費用対効果の観点から見た場合、効率の高い遊びではないかもしれません。

ただ、うまくいくと普段は出会えないような素敵な女性と……それも複数と!!と言うようなミラクルがあったりするのも事実です。
先ほども書きましたが、ハプバー経験をつんで、楽しめる確率を上げていくことがこの遊びの面白さのひとつだと思うのです。

実際、私自身が最もハプバーに通ってた当時の打率(?)は、0.666(3打数2安打)くらいだったと記憶しています。
このくらいの打率の時期は、もうハプバーの虜になっておりました……。

さて、ここまで呼んでいただき実行いただいている方は、もうハプバーに行ってもそれなりに楽しめると思います。

もちろん「100%楽しめる!」と保障するわけにはいかないのですが、そんなにヒドいことにはならないはずです。
案ずるより生むが易し、ハプバーに興味を持たれた方は今すぐお店に行って、異次元淫靡な世界を体験してみましょう。
その一歩が貴方のエロライフをさらに充実させることは間違いないと思うのです。

え?  ハプバーの基礎は理解したけど、実際に行ったらお店の仕組みはどうなってるの? って……。了解しました!!

次回からは、実際にハプバーに行った時にどうすればいいのか? 基本的な手順・心構え・お作法などについて、「ハプニングバーで楽しもう!! 実践編」として、いくつかのポイントを説明いたします。

どうぞお楽しみに!!

※記事一覧のサムネイル画像はイメージです。

コメントする

三和出版新刊情報