三和倶楽部厳選全国マニアック店

仔犬として飼われることを望むリコさんに『公開調教』の責めを贈呈しました【Vol.03】

◆ペットに憧れて、本物のマゾ牝になるまで仕込まれた少女の妖しい日々。(全3回 3/3)

※前回の【Vol.02】に引き続き、お送りいたします。

●衆人環視での公開調教

こうして、7年もの間に渡って様々な調教を受け続けていたリコさんに、私たち編集部員が提供できるプレイの種類は限られたものでした。そこで、Tさんと私たちは1ヶ月以上かけてメールで相談しあった結果、禁断の「公開調教」に踏み切ることを決めました。

インターネットで近県のS男性の応募者をつのり、飛行機で某県に向かった私たちは、お2人と顔を合わせ、手始めに野外での性行為を見せていただきました。それは、メールのやりとりから想像していたものよりも、はるかに激しいものでした。

リコさんは最初こそ部外者の私たちの前で恥ずかしがっていたものの、セーラー服に着替えてから首輪と手綱をつけただけで顔を真っ赤にし、Tさんの「チンチン」という命令を聞いた途端に「しゃぶらせていただきます」と言ってから、迷うことなく彼のペニスを小さなお口に含んだのです。

riko10

これが密室の行為であれば、まだ私も何度か目にした光景です。しかし、2人がいた場所は誰もが訪れることの出来る空き地でした。にもかかわらず、リコさんはTさんの命令に従って、大きく足を拡げると「リコの恥ずかしい場所を写真に撮ってください」とまで言ってのけたのです。

一方のTさんも「これが普通ですよ」といわんばかりの態度で、ビショビショに濡れたリコさんの女性器を犯し始めます。悦びを告げるリコさんの声は、プロの私たちでさえ「このままでは人に気付かれてしまう」と心配するほど甲高いものでした。

けれども、リコさんにとってはこれが「日常」なのです。理性的に考えれば異常なのはわかっているのでしょうが、身体が覚えた快楽がすべてを狂わせてしまうのです。「イクッ、イクッ!」と叫びながら、ご主人様の精液を膣内で受け止めたリコさんは、白目をむいて失神してしまいました。Tさんも「ここまでイキきるのは珍しいですね。他人に観られたのが良かったんでしょう」と多少は満足してくださったご様子でした。

riko0518a

「これなら公開調教でもっと乱れるかもしれない……」という私の予感は当たりました。翌日に某所のラブホテルで、応募者の方々を交えて行われた調教に、リコさんはほとんどの時間を「イク」ことに費やしてしまったのです。

特に2本のバイブで前と後ろの穴を同時に責められたときの反応はすさまじく「駄目!壊れちゃうから止めて!」と絶叫したかと思えば、一転して四つん這いの姿勢で激しく腰を動かしながら「あぁ……イクッ! またイクッ!」と絶頂に達してしまいます。その様子に、さしものTさんも驚いたようで「リコはまだまだマゾとして進化しますね」と感嘆しきりだったのです。

そして、Tさんの言葉は1時間もしないうちに現実のものとなりました。セーラー服からニットのセーターに着替え、珍しくベッドの上で調教を行ったのが原因なのかもしれません。

riko0518d

とにかく、Tさんが「リコ、どうだ? 見られるのはいいか?」と聞いた瞬間に、参加者に両足を押さえつけられていただけのリコさが、下腹部をビクビクッとのたうせ、「あーいいっ!」とうわごとのように呟きながらイッてしまったのです。

ついに、ご主人様から声をかけられるだけで忘我の境地にたどり着けるようになったリコさんに、もはや理性のかけらも残ってはいませんでした。Tさんの命令に従って、まるで本物の犬のように四つん這いの姿勢になると、初めて顔を合わせた殿方の男性器を愛おしそうに舐めしゃぶり、「リコに出してください!」と馬乗りの姿勢になって、すべての精液を膣内で受け止めたのです。

Tさんとは今でもメールで連絡をとっているのですが、リコさんはあの日からプレイに積極的になり、色んなアイデアをTさんに提案するまでになったそうです。お2人の将来が楽しみです。

(了)


※【募集】NTR願望のある方、最愛の女性を編集部にお貸しください。

◆あなたもTさん&リコさんのように、編集部に彼女さまを貸し出していただけませんか?

このたび、新雑誌『寝取られ不倫SM 夫への調教進捗報告』(6月下旬発売予定)の企画にあたり、最愛の奥様もしくは彼女を寝取られたい・SM調教されたい方を募集いたします。
ただし、すでに〝女性の同意〟がとれている方に限ります(「編集部で彼女を説得してください……」はお断りしております!)。

条件は「双方が20歳以上のカップルで、SMに理解と興味のある方」です。20歳以上でしたら、年齢・容姿は問いません。
撮影の内容は出演希望カップルの好まれるSMプレイを中心に構成いたします。なお、少額ですが出演者の方には出演料が支払われます。

お問い合わせは…… sanwagames@sanwa-pub.com まで。

多数のご応募をお待ちしております。

コメントする

三和出版新刊情報