三和倶楽部厳選全国マニアック店

家畜人ケイコ 強制レズ調教 三態 【配信動画】

飼い主である筑紫氏から与えられた家畜小屋に棲む家畜人ケイコさんは、残りの一生を『家畜人ケイコ』として生きて行くコトを誓った牝家畜です。
(ケイコさんについての詳細は「家畜人ケイコ 家畜奉仕 ノーカット版」の説明文をご参照ください)

強制レズ調教02

この動画は、縁があって筑紫氏に飼育されることになった家畜・サヤカさん(詳しい経緯は雑誌、
【家畜女子大生1〜4】
【家畜三姉妹奴隷の飼育記録】
【肉虐の館 家畜人ケイコ 快楽地獄の記録】
などのシリーズをお読み下さい)を責めるため、最下層の家畜人であるケイコさんが呼び出され、生きた道具として使われている映像です。

筑紫氏によるとサヤカさんとケイコさんは、それぞれ用途の違う家畜として育てているそうで、サヤカさんは肛門を拡張しアナル・フィストを披露する見世物家畜。同時に便器として排泄物も喜んで食べるよう、汚物を食べる訓練などをされているそうです。

ケイコさんは筑紫氏の命令ならどんな男性のチンポでも悦んでくわえ込む、最下層家畜人娼婦として、また全ての牝穴でザーメンを搾り取ることに特化した、生きた吸精器になるよう、日々牝穴の収縮や口唇奉仕の訓練を義務化されているSEX家畜です。

今回は筑紫氏がケイコさんを使い、サヤカさんを責める映像シーンを集めてみました。
もちろんサヤカさんを中心に責めるということは、ケイコさんからしてみれば、嫉妬や屈辱、羞恥などで精神的に調教をされるということです。

厳しい緊縛やムチ、熱ロウ、限界を超える拡張などの、肉体的に辛く苦しい調教というわけではありませんが、魂の奥底まで洗脳されるような、心が悲鳴を上げるような調教なのです。
きっとケイコさんは、
(サヤカさんが羨ましい。自分が直接責めてもらった方が楽なのに……主から与えられる苦痛なら、甘美なものに変換出来るのに……)
そんなコトを心のどこかで考えながら、主のために、生きたアダルトグッズとして奉仕していたのではないでしょうか。

収録した映像は、
◆肛門あそび 異物挿入
◆ソープ訓練
◆肛門フィスト
の三単元で、それぞれ筑紫氏がイメージしたという調教内容がタイトルになっています。

【作品詳解】

◆肛門あそび 異物挿入
・生ゴミ処理家畜サヤカ
・道具にされた家畜ケイコ

0分15秒〜
目隠しをされ、ソープマットの上で、両足を開いた体勢で仰向けになっているサヤカさんの肛門を、全頭マスクを被ったケイコさんが責めています。
責めの内容は、長いソーセージを使った異物責め。
サヤカさんの肛門にゆっくりと出し入れをくり返します。

1分56秒あたりになると、カメラがアップになりソーセージが挿入されている様子の肛門がよくわかります。
小刻みに震わせたり、出し入れをくり返したり肛門への愛撫を与えると、吐息とともにサヤカさんの艶やかな嬌声が漏れ出てきます。

何にしてもこの長いソーセージが肛門に入って出るシーンは、太い大便を出し切ったような爽快感を連想させます。
主の命令なのか、抽送をくり返す内にサヤカさんの腸液付着し、うっすらと汚れたソーセージをケイコさんは彼女の口元に持っていき食べさせます。
きっとこれが筑紫氏の言う家畜便器への第一歩、汚物を食べる訓練なのでしょう。
確かにいきなり排泄物を食べるのには抵抗があっても、肛門に出し入れした食べ物なら、少しは心構えが変わるのかも知れませんね。

5分30秒〜
今度はソーセージではなくバナナ
先端を出し入れした後、ゆっくりと半分ほど挿入していきます。
その状態でピストン運動。
そのまま引っ張り出すのかと思いきや、少しだけ引っ張り出しあとはサヤカさんの排泄能力に任せます。ニュルンとバナナが肛門から抜け落ちるシーンは、見ている側としても気持ちが良いものでした。
もちろん肛門から抜け落ちたバナナは、ソーセージ同様サヤカさんに食べさせます。
サヤカさんはそのうち、肛門から出し入れしたものでなく、自分の排泄したものを食べさせられられるのでしょう。
そして次は主の排泄物。最終的には他人の排泄物まで悦んで食べるような家畜にしたいと言っていました。

●ソープ訓練
・目隠しの家畜(右)サヤカ
・全頭マスクの家畜(左)ケイコ

強制レズ調教03

9分06秒〜
ソープマットに乗るサヤカさんとケイコさん。
お互いのマ○コが見えるよう向かい合って座り、両端がチ○コの形になっている特殊なディルドを双方のマ○コに挿入していきます。
腰を前後に動かすのはケイコさん。
前後に腰を動かすと、双方のマ○コが突かれる形になります。
ディルドが抜けないようにと注意をしながら体形を変え、サヤカさんの上にケイコさんが乗っかり、腰を振りながらディープキスを始めます。

筑紫氏によると、これは家畜人娼婦ケイコとして、男を満足させるためのソープテクニックの練習であり、アナルに出し入れしたモノを食べたサヤカへのご褒美アクメの意味があるそうです。

11分13秒〜
連結部分をカメラが大きく映します。
腰を動かすたびにクチュクチュと音を立て、双方のマ○コに挿入されたディルドが見え隠れする様子が分かります。

13分30秒〜
ケイコさんは、ディルドが挿入されたままのサヤカさんをうつ伏せにし、サヤカさんのマ○コから垂れ下がっているもう片方のディルドを自身のマ○コに挿入し始めます。
体位で言うとバック。
この状態で腰を振るケイコさん。
14分40秒あたりになると、また体位が変わります。
二人ともカメラに背を向け、お尻をくっつけた状態で腰を振ります。
このときケイコさんはサヤカさんの肛門に指を挿入して、双頭ディルドと肛門の指を動かしてサヤカさんを絶頂へと導きます。

15分57秒〜
二人のマ○コに挿入されているディルドが画面に大きく映し出されます。
カメラに見せ付けるように手でお尻のお肉を拡げ、連結部分を見せるケイコさんたち。
16分53秒あたりでは、正面で向き合っている二人が、先ほどまで二人のマ○コに挿入されていたディルドを片側ずつ口に入れ、フェラを始めます。もちろんこのお掃除フェラは相手に入っていた方を舐めて綺麗にする、筑紫氏の好きな家畜姉妹の儀式です。
フェラが終ると、チュルチュル音を立てディープキス
抱き合いながら激しくキスをする姿は、とても美しく見えました。

●肛門フィスト
・肛門を拡張される家畜 サヤカ
・生きたバイブにされた家畜 ケイコ

強制レズ調教04

18分13秒〜
クッションを胴体の下に敷かれ、お尻を突き出す体勢のサヤカさん。
お尻を突き出したサヤカさんの真後ろに座るケイコさん。
二人はベッドの上にいます。
サヤカさんの肛門をペロペロと音を立てて舐めるケイコさん。
口に含み人肌に温めたローションを延ばしヌメらせ、滑りを良くした指を一本ずつサヤカさんの肛門に挿入していきます。
ゆっくりと愛撫するようにサヤカさんの肛門をマッサージ。
そのうちにケイコさんの全ての指が入り、手の甲までサヤカさんの肛門に飲み込まれていきます。
奥へ奥へと挿入されていくケイコさんの腕は、手首を通り越し肘近くまで入っています。そしてそのまま腕を動かすケイコさん。
それはまさに生きたバイブとなった証のようでした。

強制レズ調教05

25分30秒〜
フェラシーンから始まります。
ハンディカメラで撮影しているので、フェラがよくわかります。
頬を凹ませ喘ぎながら、健気にサヤカさんがフェラをしています。
その奥でサヤカさんに感じて欲しいと、ズッポリ入った腕を動かすケイコさん。

本当は自分が奉仕をしたいはずなのに、サヤカさんにだけ与えられた筑紫氏のペニス
嫉妬は見苦しいと分かっているから、必死に心を抑えている……でも……。
そんなケイコさんの心情が感じられる素晴らしい動画です。

強制レズ調教06

最後は射精したザーメンをサヤカさんに飲ませると、カメラを手に後ろに回る筑紫氏が、サヤカさんのお尻を叩きアクメするように命じます。ですがケイコさんを感じさせるような事は一切しません。

ケイコさんを徹底的に玩具扱いする筑紫氏の強い嗜虐性が感じられる映像でもあり、それでも筑紫氏についていくケイコさんの一途さに羨望を感じました。

最初にも書きましたが、この動画ではケイコさんは道具として扱われるだけで、直接的な責めはありません。ですがケイコさんはサヤカさんが絶頂するときに、同時にアクメしているように見えます。それはきっと、心のどこかが、サヤカさんとシンクロしているからだと思います。
家畜人ケイコの業の深さを感じられる動画ですので、ぜひご覧下さい。

コメントする

三和出版新刊情報