三和倶楽部厳選全国マニアック店

哀哭の女たち第14回【調教レポート】

カテゴリーSM/緊縛

千葉曳三調教リポート◎哀哭の女たち14 『鼻孔の奥~巨乳人妻美奈子』

華原美奈子は不思議な魅力を備えた女性である。
彼女の特徴といえばなんといってもその立派な乳房なのだが、
私はそれよりも彼女の人となりに興味をおぼえる。
哀哭14-1

私のもとにやってくる女性のほとんどは、
初見のおり多少なりとも緊張を示すものだが、
美奈子には全くと言っていいほど
緊張している様子は見られなかった。

私のもとには来るのは素人女性や
自ら志願してやってくるフリーのモデルが多いが、
もちろんモデル・エージェントを通したプロのAV女優もいる。
美奈子はあるエージェントから女性である。

こういう女性は撮影の内容自体はきちんと知らされていても、
調教部屋に足を踏み入れたとたん、
実際の道具等を目の当たりにして、尻込みする人も多い。

そこには吊りのためのパイプ櫓、
さまざまの責め具、浣腸器などが仰々しく並べられている。

ほとんどの女優さんはそれを見て驚き、
中には帰ってしまうモデルもいた。
だが美奈子はそれらを見てもまったく恐れることなどなく、
人懐っこい笑いをうかべていた。

言っておくが、彼女はけっして鈍感な女性ではない。
受け答えや立ち居振る舞いもキビキビとしている。
こういう撮影に慣れている、というのでもない。

彼女の言葉によればだが、
撮影でもプライベートでもSMは初めてだそうだ。
私が思うに、美奈子は状況に応じ、
瞬時に覚悟を決められる人なのだろう。

さて、彼女の人となりについてはこれくらいにして、
調教の様子を述べよう。
写真を見ていただければ判るが、
彼女は体のみならず、顔も全てにおいて造作が大きい。

そんな彼女の顔を責めるにあたり、
私には一つの楽しみがあった。

それは指による鼻孔責めだった。
フックや器具による鼻責めと指による鼻腔責めの違いは、
何よりも鼻孔の深部への責めが可能なことだ。
(深部への責めを行う場合、
爪などが当たって出血することもあるので
注意が必要だが。)
哀哭14-2
美奈子の鼻先に小指をかざして見せつける。

「これをお前の鼻の穴に入れるんだよ」

ゆっくりと鼻腔に挿入していく。
まず第一関門は鼻孔の入口だ。
あまり知られていないが、
鼻孔の入口は括約筋のような輪っかになっており、
そこを通過すれば鼻翼の奥はかなり広がっている。
問題は太くなっている関節が入口を通過することだ。
哀哭14-3
常々縄を扱っているので私の指は常人より太く、
入口を通過できないM女も多く、
出来た時もかなりの痛苦を訴える。
だが私の予想したとおり、

指関節は易々と美奈子の入口の門を通過した。
それを超えると指はずぶずぶと彼女の鼻腔に入っていく。

注意深く指を進めると、
眼底骨と上顎骨に挟まれた部分に行く手を阻まれる。

残念ながらこれ以上進めるわけにはいかない。
その先は骨格に護られることなく脳に隣接しているからだ。

長い期間をかければ、
指を喉奥に通すことも可能なのかも知れないが、
いまは無理をするわけにはいかない。

衝動を抑えて、
両方の鼻孔に左右の小指を第二関節まで
挿入することで我慢した。
哀哭14-4
鼻フックで四方に広げ、フックを吊り鈎に固定したうえ、
乳房の基部をギリギリと縛り上げる。
哀哭14-5 哀哭14-6
嬰児がいるわけでもないのに尖りから白い母乳が滴り落ちる。
それを美奈子自身の舌で舐め取らせる。
乳首を強いクリップで挟み上げ、紐をつけて引っ張る。
哀哭14-10 哀哭14-7
ふつう巨乳女性は乳首は弱いのだが、
美奈子は特別だ。
乳首を強く挟まれると

「気持ちいい」

とさえ言うこともある。
だがさすがに鼻フックと乳首クリップを逆方向に引っ張られる、
この責めでは大粒の涙を流していた。
哀哭14-8哀哭14-9
哀哭14-11
足指を鼻孔にねじ込む。
手の小指と較べて特にきつくはないが、
大切な顔が野卑な男の足に踏みつけられるという、
無残絵にも似た様相が私は好きだ。

ただし相当にM性の強い女性にしかこれをやることはできない。
(プロ根性の塊のようなマニア系有名女優ですらこれにはNGを出した)

足裏全体を美奈子の口にねじ込み、
足小指を鼻孔に挿入し、
さらには2指を鼻孔に差し込んだまま舌で足裏を舐めさせた。
哀哭14-12
哀哭14-13
哀哭14-14
最後は例によって浣腸、排泄で終わるが、
これはそうして欲しいというマニア諸氏のご要望に応えたものである。
哀哭14-15

哀哭14-16
[お知らせ]
今回の華原美奈子の調教の様子は 万縄レーベルYH-008 『虐極・鼻哭巨乳妻』に収録されています。
お問い合わせ tanbikaiking@yahoo.co.jp
三和YH-008_jaket 三和
万縄レーベルYH-008『虐極・鼻哭巨乳妻』

【千葉曳三】
縄師、調教師。S男とM女のためのサークル『耽美会』の主宰。
自身のDVDレーベルとして耽美会、万縄(よろずなわ)を制作している。
幼い頃から自己の中のS性を自覚しており、
自分をマルキ・ド・サドの生まれ変わりではないか、とさえ思っている。
鼻責めが多く取り上げられるが、縛りはもちろん浣腸、スカトロ、
時には針や乳房吊りなど興味はSM全般に亘る。
※千葉への質問等、直接連絡を取りたい方は下記メールまで。
tanbikaiking@yahoo.co.jp
郵便の場合は、
〒273-0099 船橋郵便局私書箱37号 千葉曳三 まで。

カテゴリSM/緊縛

コメントする

三和出版新刊情報